スポンサーリンク

日本からカナダへは直行便が飛んでいますが、もちろんそれは大都市だけ。地方出身の人や、カナダでも直行便が飛んでいない中規模都市を目指す人に向けて、空港での乗り継ぎの仕方を写真付きでご案内します。

日本からカナダへ飛行機で。直行便がある都市

現在、日本~カナダ間で直行便があるのは下記の都市です。下記の地域以外に住んでいる方・行先下記の都市以外の方は必ず乗り継ぎが発生します。

羽田空港(東京国際空港)からカナダへの直行便

  • バンクーバー国際空港(エアカナダ・ANA・JAL)
  • トロント・ピアソン国際空港(エアカナダ)

成田空港(成田国際空港)からカナダへの直行便

  • バンクーバー国際空港(エアカナダ・ANA・JAL)
  • トロント・ピアソン国際空港(エアカナダ)
  • カルガリー国際空港(エアカナダ)
  • モントリオール・ピエール・エリオット・トリドー国際空港(エアカナダ・ANA・JAL)

ちなみに関西空港からもバンクーバー行きエアカナダ・ルージュが1日に1本運行していますが、不便なので記載していません。今回は、羽田空港とトロント空港を経由する乗り継ぎ方法を写真付きでご案内します。

最寄りの空港から羽田空港へ

トロントへの直行便(ノンストップ)は羽田空港からのみ就航しています。そのため、まずは地元の空港から羽田空港を目指しましょう。

成田ートロント間もエアカナダの直行便(ダイレクト)が就航していますが、この便はカルガリー (YYC)に寄航します。その際、降機や荷物ピックアップの必要が生じる場合があります。米系航空会社ではノンストップ便 と直行便 (ダイレクト) をしっかり区別しておかないと,予期しない乗り継ぎをさせられて慌てることがあるので注意してください。

上の画像を見ていただくと、ノンストップ便と直行便(ダイレクト)ではフライト時間に2時間以上の差があることがわかります。

ポイント:成田空港ではなく羽田空港を選ぶ

私の場合は広島からなので、広島空港から羽田空港へ飛びまず。以前、間違えて成田便で向かったことがありますが、荷物をたくさん抱えての成田→羽田間の移動が大変で時間がかかりました。

出来るだけ羽田空港へ到着する国内線・羽田空港を出発する国際線を予約しましょう。

スポンサーリンク

国内線到着ターミナルから国際線ターミナルへ移動

羽田空港に到着すると、国際線乗り継ぎの看板に従って歩いていきます。到着ロビーに向かう人の流れがすごいので、間違ってついていかないように注意してください。分岐点のところに空港スタッフの人がいることも。

無料シャトルバスで移動

羽田空港は広い。バス乗り場に到着するまでにエスカレーターに乗ったり、エレベーターに乗ったり、結構遠く感じますが「国際線乗り継ぎ案内」の緑色の文字だけを信じてひたすらに進みます。

国際線乗り継ぎの看板に従って歩いていくと、無料シャトルバス乗り場へ到着します。分岐点でスタッフがいる個所以外は、一本道となっています。

ここもガラガラで不安ですが、いつものことなので気にせず待ちましょう。第二ターミナルから国際線ターミナルへのバスは約5分ごとに運行しています。

シャトルバスが来たら、国際線ターミナルへ移動します。羽田空港には国内線ターミナル(第一)と、国内線ターミナル(第二)と、国際線ターミナルの3つがあります。

JAL系で来た人は第一ターミナルから、ANA系で来た人は第二ターミナルから国際線ターミナルへ向かいます。国際線ターミナルではないところで降りないように気を付けてください。

ターミナル間の移動について詳細(羽田空港公式WEBサイト)

セキュリティーチェック

国際線出発の矢印についていくと、セキュリティーチェックにたどり着きます。搭乗券とパスポートを手に、他の荷物を全部通します。飛行機に乗るたびにセキュリティーチェックをすることになるので、2回乗り継ぐ場合は3回チェックを行うことになります。めんどくさいですね。

出国審査

セキュリティーチェックを終えると、一方通行ですぐに出国審査場につながっています。日本人なら特に何も聞かれることなくスタンプを押してもらい、通過できるでしょう。自動化ゲートもありますが、写真のようにいつもガラガラなので私はいつも通常ゲートでスタンプを押してもらいます。

搭乗ゲートへ向かう

出国審査を通過後、搭乗ゲートを探します。審査カウンターを出たすぐのところに、掲示板があるので自分の搭乗券を見ながら、ゲートを確認してください。困ったらすぐ横に案内所があるので聞いてみましょう。

ゲートは急に変更になる場合があるので、ここにたどり着くより先に確認した場合も、変更になってないかもう一度見ておくことをお勧めします。

搭乗時間まで時間があるとき

搭乗ゲートが確認できたらあとは、搭乗時間まで自由時間です。免税店を回ったり、レストランで食事をしたりして時間を潰しましょう。ビジネスクラスや航空会社メンバーの人はラウンジに行くことができます。

呼び出しに注意

時々、空港内放送で呼び出されることがあります。私はかなりの頻度で呼び出されますが、PRカードの確認の場合がほとんどです。

あまり遠くまで行ってしまうと戻るのが大変なので、搭乗ゲート付近で時間をつぶすのが良いでしょう。飛行機内ではトイレに行きにくいので、搭乗前に行っておくことをお勧めします。

カナダ(トロント空港)に到着後の乗り換えルートは次のページでご紹介します。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事