スポンサーリンク

日本では当たり前のお色直しですが、実は海外では白いウエディングドレスだけで1日過ごすのが一般的。それでも、国際結婚の結婚式では日本らしい白無垢や色打掛を着たい!色打掛も、カラードレスも捨てがたいですよね・・・。実際の体験談と、ドレスにかかった料金を公開します!

前回までの内容:国際結婚の結婚式を日本でした体験談

日本の結婚式と海外の結婚式の違いと、実際に日本で国際結婚をしてみた体験談をご紹介する連載企画です。前回は、希望が実現する式場さがし、外国人ゲストにも喜ばれるオリジナルの婚礼料理、そしてブライスメイド挙式についてご紹介しました。

海外の結婚式では白一色!お色直しは無い

日本では結婚式と披露宴で違う衣装を着たり、披露宴中にお色直しでカラードレスや色打掛を着たりと花嫁の衣装チェンジは当たりまえ。

実は海外では結婚式の日は1日中同じ白いウエディングドレスで過ごします。海外の結婚式と披露宴は丸一日かかるので、その間新郎新婦は基本的にずっと同じ衣装を着ています。

お色直しの歴史は日本の習慣にあった

なぜ、お色直しをするのは日本人だけなのでしょうか。その原点は日本古来の習慣にありました。

奈良時代、結婚といえば女性が男性の家に嫁ぐのが一般的。新婦は結婚後3日間、白無垢だけで過ごし、4日目に色打掛を着る習慣がありました。このようにして、昔の日本人女性は嫁ぎ先の家の色に染まることが許されたのです。

この習慣が時代と共に変化していき、今では披露宴で衣装を着替えるお色直しが広まっていきました。

スポンサーリンク

新郎は挙式まで新婦のドレス姿を見てはいけない

結婚式の準備で一番楽しいことの一つが衣装選び。色んなウエディングドレスを試着するデートができるのは、結婚をするカップルの特権ですね。

日本では彼氏と相談して決めることの多いウエディングドレスですが、海外では違います。

海外の結婚式では、当日挙式会場で新婦が入場するまでは新郎(含む男性)は新婦のドレス姿を見てはいけません。そのためドレス選びは実母・姉妹・同性の友人と一緒にします。

当日ドレスに着替える衣装室も新郎新婦は別々になっており、間違えてバッタリ出くわすことのないように配慮されています。ウエディングドレス姿を見せてはいけないので、前撮りもありません。

国際結婚でお色直しをどうするかで悩む

私は、海外の結婚式に何度か出たことがあり、その経験から一日中白いウエディングドレスで過ごすのも素敵だなと思っていました。しかし、日本の衣装室で色んなカラードレスや色打掛を見ると、どうしても着たくなってしまいました。

私たちの場合、予算と時間の都合上、当日着ることができる衣装は2着まで。しかし、白ウエディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛、どれも諦めきれず大変悩みました。

結婚式の目玉はファーストダンス

ファーストダンスは新郎新婦が踊るスローテンポのダンス。海外の結婚式では恒例の催しで、宴の終盤クライマックスで行われます。ディズニー映画「美女と野獣」のエンディングで主人公が王子様と踊るあのダンスです。

私も海外の結婚式に出席したときに直にファーストダンスを見て、感動したことを覚えています。 実際してみると結構恥ずかしいですが、ゲストにとっても印象に残るようです!国際結婚カップルにはぜひ挑戦してほしいです。

ファーストダンスをする場合はドレスで

さて、ファーストダンスはスローテンポですが、さすがに和装では踊れません・・・。

ファーストダンスをしたい人は白ドレスのままか、カラードレスを選ぶしか方法はありません。また、最近流行っている長いトレーンのドレスは避けることをお勧めします。

海外ゲストが喜ぶのは和装

海外ゲストがたくさん出席する場合は和装、特に色鮮やかな色打掛が大変喜ばれます。

外国人の友人たちに結婚式の話をすると、ほとんどの人に「KIMONOを着るの?」と聞かれました。日本の結婚式は和装が今でも多いということは海外でも有名なんですね。

ファーストダンスに興味がない人は、ぜひ和装に挑戦してみてください。派手目の色打掛を選べば、SNSに写真をアップしたときの外国人の反応に期待大です!

和装もドレスも捨てがたい人は前撮りで

悩んで決められないー!どっちも着たい!でもお色直しは1回だけ・・・という場合。前撮りで和装か、カラードレスを着てしまうという手もあります。

本番でファーストダンスをしたいがためにカラードレスに決めた私たち。1か月前に和装で前撮りをして、完成したアルバムや写真を挙式当日に飾りました。待ち時間などに、家族や友人に見てもらいましたよ。

前撮りは絶対にした方がいい

前撮りって必要ない気がしますが、私は絶対にしたほうがいいと思います。結婚式当日は暑いし忙しいし、とにかくバタバタ。写真はスナップで動きながらの撮影ばかりなので、キメ顔の写真は一枚もありません。

前撮りの場合は、写真メインなのでしっかりポーズをとることができますし、衣装も写真映えする角度で撮影してもらえます。

私は、専門の写真屋さんにお願いして、白無垢1着+色打掛2着ロケーション撮影。とってもリーズナブルで、出来上がりも大満足です。

ウエディングドレス衣装代・前撮り写真の料金内訳

ウエディングドレスの衣装代はピンキリですが、ブランドドレスなど高いドレスを避けて選んだ結果は下記の料金になりました。

挙式当日(ドレス2着)

  • 白ドレス(オーダーメイド)・・・¥90,000(パッケージに追加料金)
  • カラードレス(レンタル)・・・¥100,000
  • 新郎衣装…パッケージに含む
  • 当日写真(アルバム含む)・・・¥250,000

合計:440,000円(パッケージに追加分)

前撮り(白無垢1着+色打掛2着)

  • 白無垢1着+色打掛2
  • 新郎衣装1
  • アルバム(16カット)
  • ポスター1
  • 写真立てとセットで1
  • 両親用アルバム(2カットずつ2冊)
  • DVD-R16カットのデータ)
  • ロケーション撮影費

上記すべてセットで合計160,000円

まとめ:衣装と前撮りの満足度とゲストの反応

前撮りで白無垢、色打掛。挙式当日に白ウエディングドレスとカラードレスを着用して、結局全部着ることができました。当日のアルバム代が高すぎるけど、結婚式も所詮ビジネスなので仕方ないのでしょうね…。

アルバムは、結婚式に出席できなかったカナダの友人にも見てもらいました。お色直しが一般的ではない海外の人からすると、日本の結婚式はいろんな衣装が見ることができて楽しいそうです。

終わってみて思うこと。それは、当日はカラードレスではなくお色直しで和装にすれば良かったなということ。はるばる日本にまで足を運んでくれたゲストに、日本が誇る美しい着物を直で見てもらえばよかった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事