スポンサーリンク

日本でブライズメイドありの挙式をやってみました!ブライズメイド&アッシャー(グルームズマン)が式場を華やかにしてくれます。国際結婚もそうでない人も海外風の結婚式をしてみるのはいかがでしょうか?

ブライズメイド&アッシャーとは

欧米のウエディングで欠かせない、ブライズメイドアッシャー(正式名称:グルームズマン)。結婚式をするにあたり、新郎新婦のお供をするとっても重要な存在です。

欧米の結婚式では当たり前のブライズメイドですが、最近では日本国内でも人気が出てきているようです。

ブライズメイドとアッシャー(グルームズマン)の起源

中世ヨーロッパでは結婚式の日に幸せを妬む悪魔が来ると信じられていました。その悪魔の目を眩ませるために新郎新婦とそっくりの衣装を着た男女が付き添い、新郎新婦を守ったと言われています。

どんな人がブライズメイドに適任?

新婦の親友がブライズメイドに。そして、新郎の親友がアッシャー(グルームズマン)になります。海外では兄弟や同年代の親せきが選ばれることもよくあります。人数は2~5人ほどで、男女同じ人数にするのがポイントです。

ブライズメイドに選ばれて困る!嫌だ!というとき

結婚式で新郎新婦の次に目立つブライズメイドとアッシャー。選ばれて恥ずかしいと思う人もいるでしょう。また、役割もあるので結構負担だったりします。

海外では一生に1回も選ばれない人も多い一方、なりたい人は大勢います。選ばれるということは大変名誉なことなんですよ!ただ、どうしても都合が悪いという人は無理せずに断ってくださいね。

ブライズメイドの具体的な役割

ブライズメイドとアッシャーはただ式場を華やかにするだけの存在ではありません。実は色々なお仕事が任されます。基本的には新郎新婦のお手伝いをします。

新郎新婦の支度の手伝い

結婚式当日、新郎と新婦は別々の部屋で支度をするのでブライズメイドとアッシャーは早めに会場入りして身支度のお手伝いをします。

実際のところ、日本の式場ではスタッフが全てやってくれるので特にすることはないのですが、二人の話し相手になったり、親族が到着したら案内をしたり全体のサポート役をします。

挙式でのリード

アッシャーは新郎と一緒に事前待機。ブライズメイドは新婦が入場する前にバージンロードを歩いて入場します。日本の結婚式は厳かなムードなことが多いですが、ここが一番の見せ場ですので、にっこり笑って楽しく入場しましょう!

一緒に記念撮影

挙式後の記念撮影は新郎新婦と一緒に。日本で挙式をする場合は当日は時間に余裕がないので、前撮りに一緒に参加するのもオススメです。

ブライズメイドがいると写真も一層華やかに!インスタ映えするフォトジェニックな一枚を取りましょう!

挙式&披露宴の受付や司会、二次会の幹事

受付や司会などをお願いされる場合があります。二次会をする場合は幹事の第一候補でしょう。大変なお仕事ですが、新郎新婦はとても頼りにしています!頑張りましょう!

スポンサーリンク

ブライズメイドありの挙式で必要な準備

いなくても出来るブライズメイドをあえて用意するということは、結婚式の準備も増えるということ。準備することを箇条書きにしてみました。

  • ブライズメイド&アッシャーを選んでお願いする
  • 衣装とブーケ・ブートニアを用意する
  • お礼の品を用意する
  • 打ち合わせ(予行練習)をする

ブライズメイドは大変なお仕事ですが、カナダでは新郎新婦からブライズメイドにお礼の品を渡すことはあまりありません。前日に夕食に招待される程度です。日本で行う場合は、一応お礼のプレゼントか現金を用意しておいた方がいいと思います。

ブライズメイドありの結婚式を日本でして大変だったこと

私の場合、日本で挙式をしたので学生時代の友人2人にお願いしました。新郎側はカナダから来てくれる友人1人と日本に住んでいる友人1人がアッシャーをしてくれることに。

式も日本の通常の流れとは異なるので、数週間前にリハーサルをしたり、プロットを作成したりしました。

ブライズメイド用のドレス&タキシードが見つからない

海外ではブライズメイド専用のドレスレンタル屋さんもありましたが、ここは日本。レンタルショップを探しましたが、見当たらず。そこで衣装はネットで購入することにしました。靴やアクセサリーは「何でもいいよ」と言いましたが、二人がお揃いで購入してくれました^^

グルームズマンの衣装は、ブライズメイド以上に衣装を探すのが大変です。通販でも本当にいいものがなく、やっと見つけても新郎衣装並の値段!

悩みに悩んだ末、蝶ネクタイとサスペンダーだけ購入し、黒スラックスと、白シャツはお願いして各自にもってきていただきました^^;  おそろいの蝶ネクタイがいい感じでした♪

友人が忙しく、サポートをお願いしにくい

日本人は働き者。お願いした友人全員とても忙しく、あれこれサポートをお願いするのは申し訳ない気持ちになり、できませんでした。

特に新郎側の友人は二人とも遠方だったため衣装合わせやリハーサルが難しく、全て当日になってしまいました。お願いするなら地元の友人か兄弟がいいと思います。

してもらうことがあまりない

身支度や司会など、日本の結婚式と披露宴はブライズメイドやアッシャーがいなくても、プロの介添人がいるので元から成り立つ形になっています。

ブライズメイドとアッシャーにしてもらったことは、挙式入場リードと受付、乾杯の音頭くらいで他にお願いすることがあまりありませんでした。

国際結婚の挙式は英語と日本語のミックスも楽しい

新郎側の家族はみんなクリスチャン。日本では宗教に関係なくチャペル式が人気ですが、今回は本場の人が来てるよ~ってことで、英語で挙式をしてみました。

しかし、出席者はほとんど日本人、そのため日本語も混ぜないとわからないかもよ?と、プランナーさんからのアドバイスもあり、日英ミックスで行われました。正直、中途半端だったけど、これはこれで個性的でよしw。たまには妥協も必要ですよね。

国際結婚でチャペル式をお考えの方は日英ミックスもなかなか面白いのでお勧めです。

ブライズメイドありの結婚式で式場を一層華やかに

新郎新婦がお揃いのドレスとタキシードに身を包んだブライズメイド&アッシャーと並ぶと一層華やかになりますね。

準備は大変ですが、そのぶん思い出も大きくなります。仲良しのお友達にお願いして、ぜひ結婚式にブライズメイドを取り入れてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事