カナダ語学留学の費用を英語レベルと滞在期間で計算 !安くするコツ
スポンサーリンク

カナダの語学留学「日常生活で英語を使えるレベル(TOEICなら800点程度)」になるまでに必要な滞在期間・費用の目安を計算した結果、下記のようになりました。

  • 300点スタートで8~12ヶ月(190万円~280万円
  • 400点スタートで7~10か月(170~230万円
  • 500点スタートで5~7か月(130~170万円
  • 600点スタートで3~5ヶ月(90~130万円

※1日6時間学習(語学学校4時間+自習2時間)の場合

初心者でも聞き取りやすいクリアな英語が特徴で、初心者の語学留学先として人気高いカナダ。一方で、費用が高いことでも知られています。

語学留学費用を安く抑えるコツを知らなければ数十万円の損をしているかもしれません。

費用を安く抑えるコツ、予算別の滞在期間と、カナダの語学留学の費用を詳しくご紹介します。

カナダ語学留学に必要な費用の内訳

カナダの語学留学では、渡航費語学学校生活費が主な費用となります。

それぞれ下記のような費用が含まれています。

ビザ申請料や渡航費

カナダへ行くために必要な費用。日本のパスポートがあれば、カナダのビザを取得しなくても6ヶ月の滞在が許されています。ただし、電子渡航認証(eTA)の登録(7ドル)は必要です。

  • ビザ申請料
  • 航空券
  • 保険料

語学学校の費用

カナダの語学留学で主な出費は学費です。ホームステイを紹介してもらう場合などは別途紹介料がかかることがあります。教材費が含まれていない語学学校もあるので注意してください。

  • 語学学校
  • サポート料
  • 紹介料
  • 教材費

現地での生活費

カナダで生活するときの費用です。大学留学やワーキングホリデーの人も同様の費用がかかります。語学留学だから高い・安いということはありません。

  • ホームステイ費用
  • 家賃
  • 食費
  • 交通費
  • 携帯電話・インターネット
  • 交際費

カナダの物価は外食を除けば、ほぼ日本と同じと考えて良さそうです。詳細はブログでご紹介しています。

スポンサーリンク

滞在期間別の費用比較表

それでは、具体的な費用をみていきましょう。

期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1でそれぞれ計算しました。

尚、6ヶ月を超えてカナダに滞在する場合は学生ビザ(235ドル)を取得する必要があります。

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
ビザ申請料 - - - 2万円
渡航費 12万円 12万円 12万円 12万円
海外旅行保険 2.3万円 5.8万円 13万円 25万円
語学学校・教材費 12万円 32万円 60万円 120万円
家賃・
交通費
5万円 15万円 30万円 60万円
食費 2万円 6万円 12万円 24万円
スマホ 0.3万円 0.9万円 1.8万円 3.6万円
交際費 3万円 9万円 18万円 36万円
合計 36.6万円 80.7万円 146.8万円 282.6万円

海外旅行保険は、AIG損保の留学生用プランを参考にしています。保険会社や保障の内容によって料金は異なります。

語学学校の費用は選ぶ学校によりますが、週20時間のプログラムの場合1ヶ月10万円程度です。

生活費は1ヶ月10万円程度です。実際にホームステイでかかった費用をブログで公開しています。

スポンサーリンク

目標の英語力別の語学学校期間

にゃん
英語学習目的の語学留学だけど、カナダにどれくらい滞在すれば英語を話せるようになるのかな?

どれくらいで英語を話せるようになるかは、学習者のスタート地点と留学先でどれくらい勉強するかによります。

今回は初級(TOEIC300点程度)で渡航した場合と、中級(TOEIC600点程度)で渡航した場合の例をご紹介します。


カナダ語学留学1ヶ月(予算40万円)

英語に触れる・海外生活を体験するのにちょうどよいのが1ヶ月。海外で英語がどのように使われているかを感じ取ることができます。

中級者(TOEIC600点程度)の人は、カナダ到着後すぐに英会話の練習ができます。しかし、大幅英語アップは難しく、日本で学んだ英語を実際に使ってみる機会という位置づけです。

一方、初心者(TOEIC350点以下)の人は、1ヶ月の語学留学で英語力をあげるのは極めて厳しいでしょう。あくまで海外体験という段階。

にゃん
1ヶ月の語学留学は海外体験が目的の人におすすめ

カナダ語学留学3ヶ月(予算80万円)

語学留学で1番人気の3ヶ月滞在。帰国前に旅行へ行ってもギリギリ100万円以内に収まります。英語力UPを目標としているなら最低でも3ヶ月は滞在したほうが良いと思います。

中級者では英語で話すことに抵抗がなくなり、現地の生活に慣れ始めます。英語力も多少の手ごたえを感じているはず。

初級者で語学留学3ヶ月だと、相手の話していることがなんとなくわかってくる段階。自分の言いたいことを100%伝えるのはまだまだ難しいですが、ゆっくり話してもらえばとりあえず最低限のコミュニケーションが取れるようになります。

にゃん
3ヶ月の語学留学は1番人気。特に中級者以上におすすめ!

カナダ語学留学6ヶ月(予算150万円)

6ヶ月滞在は150万円ほどかかり決して安くはありません。それでも本気で英語力UPを目指す人はこれくらいは必要だと思います。

中級者の人はかなり自然にコミュニケーションが取れるようになります。カナダの語学学校へ6ヶ月通いしっかり勉強すれば、TOEIC800に到達し、文法はほぼ完了。ここからは学校ではなく、ネイティブとの会話で応用力を身につけましょう。

初級で語学留学を始めた人も、英語が好き・得意と言えるようになります。TOEICは高い人では中級でスタートした人と同じ800点くらいになる人も。まだまだ学べることはたくさんありますが、英語の苦手意識はなくなっているはず。

にゃん
初心者スタートで英語力UPを目指す人は最低6ヶ月滞在したい。

カナダ語学留学1年(予算280万円)

超初級から語学留学を初めた人が、現地生活にある程度困らない(トラブル対応も一人でできる)レベルになるのに1年必要です。それでもネイティブのグループに混ざって談笑するのはハードルが高いです。

一方、中級レベルで渡航して1年以上語学学校に行く人はめったにいません。いても、ほとんどは大学編入を狙いアカデミックな英語を勉強中か、専門学校などで英語を使って他の何かを学んでいます。

にゃん
初心者が英語を話せるようになる留学期間は1年が目安

カナダ語学留学費用を安く抑える方法

現地で働くことができない語学留学は出費ばかりで辛いですね。現地で働くことはできないけど、なるべく出費を減らすことは可能です。

カナダ語学留学費用を安くする方法をご紹介します。

出発前に英語力を上げておく

語学留学費用を節約する1番の方法は、滞在期間を短くすること。1ヶ月短く滞在するだけで約20万円の費用を抑えられます。

そのためには、日本にいる間に英語をできる限り勉強しておくことが大切です。特に、一人でも可能な文法や単語学習に力を入れることをお勧めします。

アルクのキャンペーン・おすすめ情報はこちら

スピーキングやリスニングなどの英会話力は現地で学ぶ方が明らかに高効率ですが、文法や単語は日本で勉強するのと効率的に大きな違いが無いからです。

出発前に文法と単語数を底上げして、現地では会話力UPに集中するのが滞在期間を短くする基本です。

繁忙期を避けて渡航費を抑える

カナダの航空券は季節によって 価格変動が大きい。特にカナダの観光シーズンである夏~秋にかけて一気にチケットの価格が上がります。夏休み中は往復20万円になることも。

これを避けることで、語学留学費用を少しでも抑えることができます。

カナダ行き航空券が安い時期

  • 10月~11月
  • 1月~3月
  • 大晦日
  • 元旦
  • クリスマス当日

また、格安航空券を選ぶことで渡航費を安くすることもできます。特にキャッシュバックキャンペーンをしている場合は実質負担額がかなり安くなるのでおすすめです。

ena(イーナ) 簡単にスグ買える★オンライン旅行サイト

海外旅行保険を厳選する

カナダでの語学留学の費用を大きく左右するのが海外旅行保険です。

海外では医療費が高額になるので保険加入は必須ですが、日本の大手保険会社で加入すると1ヶ月あたり2万円程度と高め。そのぶん充実した保険内容となっています。

ネットで簡単☆24時間お申込みOK!
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

費用を抑えるためには、カナダ現地の保険会社に加入する方法があります。1年で6万円程度なので、15万円近く節約できます。

また、留学先の学校によっては州の健康保険に加入できる場合があります。

日本の海外旅行保険のメリット
  • 出発前に加入できる
  • 日本語対応
  • 盗難や飛行機遅延など旅行に関する保証が充実
カナダ現地の健康保険のメリット
  • 1日単位で加入可能
  • とにかく安い
  • 救急車や出産など生活に関する保障が充実

留学エージェントの割引制度を利用する

語学学校の費用を抑えるために、留学エージェントを利用するのもおすすめです。

にゃん
留学エージェントと経由すると手数料がかかるんじゃないの?

カナダ現地の留学エージェントは語学学校からの紹介料で運営しています。

そのため、学校紹介に関しては留学生からは手数料をとらないどころか、語学学校〇ヶ月以上の申し込みで20%offや、教材費無料などのキャンペーンをしていることも。

タイミングによってはかなりお得に語学学校に通えるので、カナダに到着したら現地の留学エージェントで確認してみましょう。

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】

まとめ:語学留学でTOEIC800点になるために必要な滞在期間と費用

にゃん
結局どれくらいのお金を用意しておけばいいの?

「日常生活で困らないレベル(TOEIC800目安)」を目標とした場合に、必要な滞在期間と費用を計算しました。

まず、初級者(300点)が基礎英語力(600点)をつけるために必要な学習時間が600~900時間です。

そこから日常生活に困らないレベルの英語力(800点)になるまでには、さらに400~600時間の学習が必要とされています。参考:https://www.ausbiznet.com/philippine/column/12353

1日に6時間(語学学校4時間+自習2時間)、週5で勉強することを想定して計算にすると、カナダの語学留学に用意しておくべき費用は下記のようになります。

  • 300点スタートで8~12ヶ月(190万円~280万円
  • 400点スタートで7~10か月(170~230万円
  • 500点スタートで5~7か月(130~170万円
  • 600点スタートで3~5ヶ月(90~130万円

もえ
私の場合は、1日10時間勉強したので、250点から600点になるまで約4か月間でした。800点になるまではそこからさらに4か月かかりました。ほぼ計算どおりですね。

日常生活で困らないレベルはあくまで、最低ライン。ネイティブを相手にしたディベートや実際の仕事ではもっと上の英語レベルが求められます。可能ならもっと上を目指したいですね!

語学留学の費用を抑える為に、今すぐできる対策はスタートの英語力を底上げしておくことです。出発前に頑張るだけで何十万円も節約することが可能になります。

ワーホリや留学出発前の会話力底上げに!
本当に英語が話せるようになると噂のオンラインス英会話スクールを調査してきました。
スポンサーリンク
スピーキングが苦手ですか?

80%の受講者が英語でコミュニケーションが取れるようになるオンライン英会話スクール「LOBi」。他の英会話教室とは全く異なる方法で多くの成功体験を提供しています。ネット環境があれば海外からでも受講可能です。無料体験レッスン実施中!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで交流しよう

おすすめの記事