スポンサーリンク

初めての海外留学。ホームステイ先が決まったら、お土産をどうするか考えましょう。カナダでホームステイ時代に見た、「喜ばれるお土産」「NGなお土産」をご紹介します!

ホームステイ先にお土産は必要か

ホームステイに持っていくお土産はあくまで気持ち。必ずしも必要なものではありません!

実際、ホームステイにお土産を渡すのは日本人や韓国人留学生ばかり。ヨーロッパや南米の留学生でお土産を渡す人は少数派です。もちろん、ホストファミリーもホームステイでやってくる学生にお土産を期待していません。

初対面の話題作りになる

お土産は必ず必要なものではありませんが、初対面の人たちとの話を盛り上げる良いきっかけになります。初めてのホームステイで緊張している人や、おしゃべりが得意ではない人はぜひ持っていきましょう!

また、子どもがいる家だとお土産による人気取り効果は絶大!私がカナダに留学した時、ホームステイ先に高校生男子が3人いました。持って行ったお土産に興味津々で大変盛り上がっていました。

ホストファミリーに渡すお土産の金額

お土産を用意する場合、お金もそんなにかける必要はないでしょう。

短期滞在(3か月以内)なら1000円以内、長期(半年以上)でも多くて3000円程度でしょう。後述していますが、張りきって高価なものを渡しても、興味をもってもらえず残念な思いをすることもあるので、無理のない範囲でOKです。

スポンサーリンク

お土産を渡すタイミング

ホームステイに到着後は時差ボケもあり長旅で大変疲れています。自己紹介もそこそこに、すぐにベッドで休むことになります。

荷物を整理した後のほうが会話もゆっくり楽しめるので、初日は疲れをとることを中心にしてコミュニケーションは翌日からとっていきましょう。お土産はなるべく家族のメンバーが集まっているときを狙って渡すのがベストです。

一番人気!安定のお菓子

日本でもお土産として人気のお菓子は、やはり外国人にも喜ばれます。小分けになっているものは、リビングに放置されても傷みにくいのでいいですね。

洋菓子は失敗ナシ

パイやクッキー、カステラ、ラングドシャなどの洋菓子は間違いなく喜ばれます!また、キットカットやポッキーなど、海外でも知名度の高いお菓子も人気で、警戒なく食べてもらえます。抹茶などの日本らしい味や、季節限定商品は喜ばれます。

和菓子は話題性抜群だが賛否両論

饅頭などの日本のお菓子は賛否が分かれます。

カナダの人は食べ物の好き嫌いが激しく、中には和物や慣れ親しんだ味でないものは絶対食べないという人もいます。そのため餡子や抹茶をふんだんに使った饅頭・大福・団子、せんべい等は受け入れられない可能性もあります。

それでも話題性は抜群なので、地元のお菓子で面白いものがあればウケ狙いで持っていくのもよいでしょう!

和洋折衷は良いとこどり

私は広島出身なので「もみじまんじゅう詰め合わせ」をお土産として持参しました。

基本の「こしあん」「つぶあん」に加えて、チョコレート、カスタード、チーズ、りんごジャムなどのバリエーション豊かなものにしたので、餡は無理というカナダ人にも洋風にアレンジされたもみじ饅頭は好評でした。

軽くて持ち込みやすいインスタント・ドライ食品

海外でも、カップ麺や袋めんなど大量のインスタント食品が出回っています。しかし、日本のインスタント食品のクオリティにはかないません!特に若者がいる家では、インスタント食品をよく食べるので、きっとよろこんでもらえるでしょう。

若者は好奇心旺盛なので、見たことがないものがあればすぐに集まってきます!カナダでも、意外と白ご飯を食べるので、「ふりかけ」も人気アイテムです。

年配のホストファミリーの場合は日本食には注意が必要

ホストファミリーが年配の場合は「海外製品」を信用していなかったり、「50年間食べてきた自国のものが一番!」とこだわりの強い人が多いので、日本のインスタント食品は微妙かもしれません。

私が日本っぽい食べ物を渡して好反応をとれたのは、せいぜい40代まででした・・・。作ってみても、こっちが勧めるまでは口にしないし、しぶしぶ食べてみて「う~ん。まあまあだね・・・」と正直。年配の人にとっては、やはり慣れ親しんだ味が一番なんだと思います。

微妙な反応。NGなお土産たち

カナダでホームステイが決まった時や、夫の実家に遊びに行くときはお土産を厳選したつもりでしたが、残念ながらNGだったお土産が多くあります。

ガチな日本食品

日本食ブームとは言われていますが、カナダの普通のスーパーマーケットに「梅干し」「佃煮」「スルメ」「納豆」などは、まず売っていません。日本食に興味がある人がわざわざ「日本食料品店」で購入しています。私たちが思っているほどブームになっていません。

日本人でも賛否の分かれるこれらの食品が、文化の違う海外ホームステイで受け入れられる可能性は低いでしょう。ウケ狙いの場合を除いては避けた方が無難です。

キーホルダー・アクセサリー

韓国人の男の子が味のある工芸品のキーホルダーをお土産に持ってきていました。結構高そうなものでしたが、翌日にはその辺にポイッとなっていました。ファミリー全員で使えるものではないですし、初対面でアクセサリー類も微妙かもしれません。

私は、ホームステイのお土産としてオススメと書いてあったので「日本の箸」を持っていきました。米も食べるだろうし、使うときもあるだろうなと。しかし、カナダ人のみんなは白ご飯もフォークで食べるので、箸は全く使ってもらえませんでした。

時々、マドラーのように、コーヒーを混ぜるのに使っているのを見たことがありますが、カナダの食器洗浄機のパワーに耐えられず、塗装が剥げてさっさと捨てられてしまいました(;▽;)

日本では必需品の箸ですが、カナダでは用途がわからない、使いにくい品になってしまうんですね…。

折り紙

「折り紙」もよくお土産オススメの品に挙げられています。こちらはホームステイ先に小さな子どもがいる前提でおススメです。

大人ばかりの家庭に折り紙をもっていく場合は、自分で全部折るつもりでもっていってください!折ったやつは凄い凄いとみてくれますが、大人の彼らが自ら折り紙で遊ぶことは稀です。

日本っぽいものにこだわらなくていい

お土産選びの時に、頭に入れといてほしいこと。それは、ホームステイを受け入れている家庭はそれほど日本の物に興味が無いということ。

自分が、「日本といえばコレ!」「驚かせたい!」と思って浴衣やけん玉、こけしや和細工を持って行ってもホストファミリーに興味を持ってもらえないこともよくあります。結局はガチで日本っぽいものよりも、親しみがあるけど珍しいもの。ずっと持っておく高価なものより、気軽に使える消耗品がよいです。

自分が好きなものをお土産にする

相手を喜ばそうと一生懸命選んでも、相手の反応によってがっかりすることも多い。ホストファミリーはお土産に興味はなくても、あなた自身のことなら興味を持って聞いてくれます!そこで、ベストなのが「自分が好きなものとして紹介できる何か」です。

私がせんべいを持って行ったとき、それ自体に興味を示したファミリーはいませんでした。しかし、「せんべい好き」をアピールすることで、買い物に行った際にライスクラッカーを買ってきてもらえる機会が増えました!

ちなみに、お土産にもっていったせんべいは全部私一人でたべました。美味しかったです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事