英語力ベンチマークCLBとは。IELTS・TOEIC・英検・TOEFL換算表
スポンサーリンク

CLBはIELTSやTOEICのように英語力を測るカナダ独自の言語テストです。

カナダ移民申請をすると、IELTSのスコアがCLBに換算されて審査されます。さらに移民後も、学校や仕事の申し込みの際に目安となる大切なスコアでもあります。

自分のCLBスコアを知っておくことで、生活が少し便利になりますよ。

カナダ移民なら知っておきたい、CLBの概要と必要なレベル、申し込み方法をご紹介します。

CLBとは

日本ではあまり聞きなれませんが、それもそのはず。CLBはCanadian Language Benchmarkの略で、カナダ独自の英語力測定スコアです。

1~12の12段階で審査され、数字が大きいほどレベルが高くなります。

カナダに移民申請する際、CLB(Canadian Language Benchmark)のスコアを基準に審査されます。

CLBのテストを受けたことがない人も、IELTS(アイエルツ)またはCELPIP(セルピップ)の点数をCLBの得点に置き換えて審査されることになります。(但し、英語力証明不要の移民方法もあります。)

CLBに関する公式ページ

公式サイト: Centre for Canadian Language Benchmarks
レベル概要(PDF): Overview of CLB and NCLC competency levels

スポンサーリンク

IELTS・TOEIC・TOEFL・英検の換算表

CLBはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、これら4つの技能を別々に評価します。

IELTSは公式サイトを参考に換算表を作成しています。IELTSスコアを持っている人はそのスコアをそのままCLBに換算し、公式に利用することが可能です。

換算表の見方

CLBはL(リスニング)、R(リーディング)、W(ライティング)、S(スピーキング)ごとに対応するレベルが異なります。

例えば、IELTSのリスニングスコア「7.5」はCLB「8」と換算できます。

例1: IELTSリスニング「7.5」→ CLB8
例2: IELTSスピーキング「5.5」→ CLB6
例3: IELTSライティング「7.5」→ CLB10
注意
TOEICや英検は公式に換算できません。IELTSを受けたことが無いけど、自分の大まかなCLBスコアを知りたいという人は参考にしてください。

CLB10以上のスコアは10+と表す

11や12など上のスコアになると、ネイティブスピーカーでも簡単には取れないと言われています。

私たちのように英語を第二言語とする人にとっては、10までが現実的なスコアです。

公式サイトでも10以上のスコアを10+と表示しており、一般生活で11以上を求められることはまずないでしょう。

▽公式の換算表▽

スポンサーリンク

自分のCLBスコアを知っておくべき理由

CLBはカナダ生活の色々な場面で利用されていますが、生活するために必須のテストではありません。しかし、自分のCLBを知ること・証明を取ることで生活が少しだけ便利になることがあります。

移民申請にCLBが利用できる

カナダ移民申請にCLBスコアが考慮されます。

熟練労働者プログラム(Federal Skilled Worker Program)で申請する場合はCLB7以上、カナダ経験クラス(Canadian Experience Class)で申請する場合は、CLB7またはCLB5以上の語学力が必要です。

無料の移民支援プログラムに参加できる

移民申請を通過した後も、CLBスコアがあれば便利になる場面があります。

例えば、移民向けの語学学校プログラム(LINC)に申し込む場合、CLBのスコアによって通える学校が異なります。

一度テストを受けると1年間有効なので、自分の英語力管理のためにもぜひ一度受けてみることをお勧めします。

大学や就職活動の英語力証明に利用できる

大学やカレッジに入学する際に英語力の証明を求められることがあります。IELTSやCELPIP同様、CLBも英語力の証明に利用することができます。

CLBのスコアがあれば、仕事紹介センターでお仕事を紹介してもらえることがあります。

このように、カナダ移民にとって自分のCLBを知るのは大切なことです。ぜひ上記の換算表を使って現在の英語力を確認してみてください。

公式サイトにCLBの活用方法などが詳しく掲載されています。

CLBスコアの目安と難易度

CLBは日本人の私たちにとっては馴染みがなく、レベル感が難しいですね。

公式サイトで、レベル別のスピーキング動画が公開されています。とても参考になるので是非ごらん下さい。カナダに来たばかりの日本人でCLB4~5の人が多いのではないでしょうか。

ちなみに、カナダの大学入学に必要なスコアはCLB8が目安とされています。IELTSに換算すると7.0から7.5くらいですね。

また、たくさんの移民がカナダ国民と同様に働いているカナダでは、多くの職業で目安となるCLBを公開しています。例えば、下記はカナダの専門職に就く場合に必要と言われている英語レベルです。

看護師

Listening Reading Writing Speaking
9 8 7 8

飛行機整備技師

Listening Reading Writing Speaking
8 8 9 7

職業によって異なりますが、これらの職種では少なくともTOEICだと満点、英検だと1級くらいの高い英語力が必要だということがわかります。

CLBのアセスメントテストの申し込み方法

CLBは最寄りのランゲージアセスメントセンターで受けることができます。所要時間は3時間程度。まずは近場のセンターに連絡して予約を取りましょう。

アルバータ州
Immigrant Language and Vocational Assessment-Referral Centre
910 -7th Avenue South West, Room 1401
Calgary, AB  T2P 3N8
Tel: 403-262-2656
Web: immigrantservicescalgary.ca


Catholic Social Services (LARC)
8212 – 118 Avenue
Edmonton, AB  T5B 0S3
Tel: 780-424-3545
Web: larcc.cssalberta.ca

B.C.州

Immigrant Services Society of BC
#601 – 333 Terminal Avenue
Vancouver, BC V6A 4C1
Tel: 604-684-2561 (Reception) or 604-684-7498 (Settlement)
Web: issbc.org


Victoria Immigrant and Refugee Centre Society
1004 North Park Street
Victoria, BC  V8T 1C6
Tel: 250-361-9433
Fax: 250-361-1914
Email: info@vircs.bc.ca
Web: www.vircs.bc.ca

オンタリオ州
YMCA-YWCA of the National Capital Region
Language Assessment and Referral Centre
240 Catherine Street, Suite 308
Ottawa, ON  K2P 2G8
Tel: 613-238-5462
Web: www.ymcaywca.ca


YMCA of Greater Toronto
(many locations, please contact YMCA for more details)
Toronto, ON
Tel: 416-925-5462
Web: www.ymcagta.org

その他のアセスメントセンターはこちら

また、公式スコアは必要ないけど大まかなレベルを知っておきたいという人には、オンラインの無料セルフチェックも用意されています。約60分で終わるので気軽にできますね。下記のリンクからどうぞ。

CLB-OSA online self-assessment

私は最寄りのアセスメントセンターで、CLB(Canadian Language Benchmark)のアセスメントテストを受けてみました。

4技能をそれぞれチェックし、その日のうちに結果がもらえました。所要時間は2時間~3時間ほどです。初めて受けたので納得する結果にはなりませんでしたが、詳しいテスト内容は下記のブログでご紹介しています。

スポンサーリンク
スピーキングが苦手ですか?

80%の受講者が英語でコミュニケーションが取れるようになるオンライン英会話スクール「LOBi」。他の英会話教室とは全く異なる方法で多くの成功体験を提供しています。ネット環境があれば海外からでも受講可能です。無料体験レッスン実施中!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで交流しよう

おすすめの記事