スポンサーリンク

カナダ・オンタリオ州で自動車保険一括見積もりをとったら$6000近い結果がでて目玉が飛び出す!しかし色々な割引制度を駆使して年間$2000ちょっとで契約することができました!

事故で廃車に…新車で新たに保険加入

追突事故を起こし、所有していたMazda3が廃車になりました。新車を購入して、自動車保険に再加入しましたので体験談や保険料割引情報をご紹介します。

マニトバ州からオンタリオ州に引っ越ししたのに保険変更しておらず、前の州の自動車保険に加入したまま事故を起こしてしまったため保険屋さんと大変揉めました。

ひと悶着の末、保険適応されて$8000くらい頂きましたが、警察で違反切符を切られてしまいました…。引っ越し先で新たに保険加入するところからスタートです。

カナダは自動車保険が高い!

日本では初めてのクルマでも年間10万円以下が相場の自動車保険。カナダでは物凄く高いです!初めてのクルマの場合、オンタリオ州では$5000超もあり得ます!運転歴が長い人で安い場合は$2000くらいで見つかりますが、それでも高いですね!!

スポンサーリンク

日本の自動車保険との違い

国が違えば自動車保険の制度も異なります。世界一複雑と言われている日本の自動車保険とカナダの自動車保険との違いをご紹介します。

カナダの自動車保険は州によって違う

カナダの自動車保険は州ごとに管理されており、州ごとに保険料の相場が異なります。ちなみにオンタリオ州の自動車保険はカナダで一番高いとも言われています…。

さらに、州をまたいで引っ越しをした場合は保険会社を変更しないといけません。保険会社を変更を忘れていたら、いざ事故を起こしたときに補償されないケースもあるので期限内に必ず変更してください。

新車ほど保険料が高い

日本では古いクルマほど故障や事故が多くなるので保険料もUPしますが、カナダでは逆。

新しいクルマほど価値が高いので保険料も高くなります。古いクルマに乗るほうが保険料を安く抑えることができるので、カナダ人は1台のクルマに長く乗るんでしょうね。

保険を利用しても保険料が上がらないことも

日本では、過失が無い場合の自己や盗難でも自動車保険を利用すると翌年の保険料が上がることが多い。そのため「保険を利用する」、「保険を利用しない」と判断を悩むこともありますね。

カナダでは、違反などの過失が無い場合に自動車保険を適用しても保険料に影響が(ほとんど)無いことも多いです。契約内容によりますが、車上荒らしや盗難などもきちんと保障されるので何かあった場合は基本的に保険を使ったほうが良いと思います。

ちなみに違反切符を切られる事故をした場合、事故後3年間は保険料が割り高になりますが、その後は元に戻ります。

自動車保険料を安くするコツ

カナダは自動車保険が高いです。そりゃーもうべらぼうに高い!

高~い保険料を少しでも安くするために色々な方法があるのでご紹介します。知らないと損をしているかもしれませんよ!

複数の保険会社から見積もりを取りまくる

同じ条件でも保険会社によってかなりの料金差が発生しています。

オンタリオ州で複数の会社で見積もりを取ったところ、各社最安プランで$2000$6000(年間)とかなりの開きがありました。

オンタリオ州は自動車保険を提供している会社がたくさんあり、探せば探すほど安い会社が見つかるので、時間がかかっても色々な保険会社で見積もりを取った方がいいです。ちなみに、事故歴がある人は加入すら断られる場合もあります。(最大手の一つ、TDに断られたwww

結婚していると保険料が安くなる

保険会社によっては、結婚していると割引があります。私がみつけた保険会社の場合、結婚している人は独身者よりも年間$300$400くらい安くなります。

かなり大きい差なので、結婚している人は割引があるか要確認ですね!

会社員や学生は割引がある

在学中の大学によって割引が適用になるケースがあります。また、勤務先の会社によっても大きな割引がある可能性も。

保険会社によってどの会社(学校)が対象になるかが異なるので、せっかくなら対象となる保険に加入したいですね~。学生の場合は不明ですが、保険加入者が対象企業の場合は年間保険料が$000以上安くなることも・・・!すごい!

日本で無事故証明書をとっておく

日本で保険加入歴がある人は無事故証明書を準備しておくと、カナダで新規保険加入する際に考慮してもらえることがあります。

無事故証明書には「letter of experience :自動車保険会社からの無事故証書」と「drivers abstract:自動車安全運転センターからの無事故・無違反証明書」という2種類あるので可能なら両方準備しておきましょう。

自分がPrimary DriverではなくSecondary Driverとして登録される場合も無事故証明書が加味される場合もあるので持っていて損は無いと思います。

運転アプリの結果次第でもっと安くなる

保険会社によっては運転の記録に協力したら保険料が割引になるサービスを行っています。

たとえば the Personal という保険会社では、スマートフォンに指定のアプリをダウンロードして、運転中に機動。急発進や急ブレーキ、速度超過、走行距離を測定します。3ヵ月間の測定結果次第で最大25%割引になります。ちなみに平均値は12%割引だそうです。

心がけると保険料が安くなるので安全運転のモチベーションも上がりますね!

自動車保険料を決める要素

保険加入まで時間がかかる場合があるので、購入する車の種類が決定したら早めに見積もりを集めましょう。

日本同様、色々な要素で保険料が決定します。見積時に必要になる情報を集めました。特にクルマの種類、免許証のランク、違反歴などが大きく影響します。

なお、登録する運転者全員分の情報を提供する必要があります。

保険料見積もりで必要な情報

  • 郵便番号 (住所によって保険料が大きく異なる)
  • 車のメーカー、車種、年式、グレード
  • 新車or中古車
  • 購入方法(ファイナンスorリース)
  • 年間の走行距離(目安)
  • 通勤に使うか
  • 自宅駐車場の種類(屋内駐車場or 屋外駐車場or 路上駐車)
  • ドライバーの運転免許(ランク、取得日、誕生日)
  • 日本での運転免許の取得年月日
  • 過去の交通違反歴(主に3年以内)
  • 過去に自動車保険の加入歴・適用歴
  • 配偶者の有無

納車までに自動車保険に加入する

車を契約したら、納車日までに自動車保険を確定しましょう。必要な情報と決めることをご紹介します。

カナダ国内で他の自動車保険に加入歴がある場合は証明書を提出する必要があります。証明書は各保険会社に連絡して郵送またはEメールで送ってもらいます。この作業に1週間程度かかる場合があります。

見積もりで提供した情報も再確認しておくことをお勧めします。

  • VINナンバー(車の契約書に記載)
  • 運転免許証番号
  • 過去に他の自動車保険加入歴がある場合は各保険会社の証明書を提出
  • 保険の補償額や、任意保険の選択
  • 保険開始日の決定
  • 自動車保険の契約者の名前
  • 住所・Eメールの再確認(保険証券の送付先)

保険証券を郵送で受け取る

正式に契約したら、保険証券が自宅に郵送されます。郵送までに1~2週間程度かかるので、それまではEメールで送られてくる仮の保険証券を携帯しましょう。

カナダでは無保険での車の運転が禁止されています。万一、パトカーに止められたときに保険証券を持っていないとトラブルになる可能性があります。運転するときは常に保険証券を出せるようにしておきましょう。

まとめ

最終的に、Mazda3の最新モデル(新車)の保険は$2200(年間)で納めることができました。最初にした一括ネット見積もりで「最安値$6000」の見積書が届いたときは泣きたくなりましたが、無難な金額に落ち着いてよかったです(-ω-)

保険会社によって結構値段が違うようなので、できるだけ多くの会社で見積もり請求することが保険料を安くあげるポイントだと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事