スポンサーリンク

国際結婚をしようかと迷っている人に読んでいただきたい外国人と結婚するメリット・デメリットを、カナダ人と結婚した経験者の目線でご紹介します。楽しいことも辛いことも2倍の国際結婚はいろんな覚悟が必要です。

日本とカナダの国際結婚率

日本国内における国際結婚率は2016年時点で約3.4%(厚生労働省「人口動態統計」)。30人に1人くらいが国際結婚をしている計算になります。

一方カナダでは、2011年時点で4.6%(カナダ統計局)で、20人中1人は国際結婚です。統計年に違いはありますが、カナダと日本でそこまで差がないことに正直驚きました。

世界的にみると日本でも国際結婚率はまだまだ低い。それでも年々確実に上昇しており、一般的になってくる日も遠くないのかもしれません。

国際結婚特有のメリット・デメリット

今現在、外国人とお付き合いしている人で国際結婚に不安を抱えている人も少なくないのではないでしょうか。

国際結婚をすると、日本人同士の結婚ではありえない特有のメリットやデメリットが必ず発生します。

日本人同士の安定した結婚生活に比べると、国際結婚では良いことも悪いことも倍増だなと実際に国際結婚をしてから感じました。

スポンサーリンク

外国人と結婚するデメリット

結婚を考える国際恋愛カップルを不安にさせる、国際結婚のデメリット。私自身が実感した順番にご紹介します。

気軽に帰省できない・飛行機代がかかる

滞在国にもよりますが、国際結婚で一番問題になるのが交通費です。例えば、北米に住んで日本に帰省する場合、飛行機代は往復で10万円以上かかります。さらに数時間で行ける距離ではないため、年に何度も帰省するのは難しい。

友達と遊ぶのはもちろん、里帰り出産や結婚式への出席もタイミングによっては困難です。葬式さえ連絡をもらってから駆け付けるのでは間に合わない可能性が高いです。

遠距離恋愛を避けられない

外国人と結婚している人のほとんどが、遠距離恋愛を経験しています。

特に結婚前は滞在ビザの種類によっては連続での滞在が難しく、更新手続きのために帰国する人は少なくありません。

実際、カナダの場合はビザを取るまでに数年かかります。申請方法によってはカナダ国内でビザ発給を待つこともできますが、働けない・健康保険に加入できない等の不都合が生じるため、永住権が下りるまでは別々の場所で暮らすカップルもたくさんいます。

また、結婚後も一時帰国などで離れる期間があるので、遠距離恋愛は国際結婚にはつきものです。

日本が恋しくなる

結婚相手の国に永住している日本人の方と話すと、全員「とにかく日本が恋しい!」と言います。

便利で欲しいもの何でも手に入るし、遊べるところもたくさんあります。私もゲーセンとカラオケが恋しくてしかたがありません。Amazonや楽天など通販サイトや、コンビニエンスストアの品ぞろえも桁違いです。吉野家やサイゼリアなどの安い飲食店もカナダにはありません。

日本に住んでいる友達の話を聞くと、うらやましくて仕方がありません…。毎日、一時帰国する日を夢見て眠りにつきます。

言葉の壁がある

言葉の壁があるから国際結婚は難しいとよく表現されますが、実は一緒に暮らすパートナーとの会話は意外と大丈夫。付き合っているときからケンカくらいしているでしょうし、相手の言葉がわからなくて困るなら最初から結婚していないと思います。

むしろストレスになるのは、外国に住む場合の社会生活での会話です。病院に行くときや保険を契約するとき、ローンを組むときなど専門用語が盛りだくさん。しっかり理解できないと不安ですし、後々トラブルになることもあります。

国際結婚ならではの配慮が必要

パートナーが日本人ではないということは、妥協しないといけない部分が必ず存在するということ。全く違う環境で育ってきたので、場合によっては自分の国では当たり前の考え方や常識が通用しません。

「自分の国ではこうだから。」とは言わず、お互いに相手の意見を理解し尊重し合うことが大切です。

移住する側は相手の国の習慣に馴染む必要がありますが、違う国籍の人と結婚して自国に住む側も、その国の常識を押し通すことなく相手を受け入れバランスをとっていく必要があります。

在留ビザの申請や結婚・離婚手続きが面倒

手続きが面倒なのは国際結婚ならでは。通常の結婚手続きに加えてすることがたくさんあります。

在留ビザの手続きや結婚手続き以外にも、出生証明書や結婚証明書を用意したり、保険や年金の届け出をしたり、子供の国籍取得など面倒なことが山ほどあります。

外国人と結婚するメリット

国際結婚にデメリットはたくさんありますが、それ以上にメリットも多いです。私が実感したものを順番にご紹介します。

毎日が新しい発見で飽きない

国際結婚して外国人パートナーとずっと一緒にいるということは、これまで常識だったことがそうではなくなるということ。当たり前だと思っていることも相手からすると驚くことかもしれません。

日々のちょっとしたことが非日常になりネタが尽きず、毎日が新しい発見の連続です。「カナダではそうなんだ~。日本ではこうなんだよ。」と夫婦になっても尚、常に新鮮さを味わうことができます。

違うのが当たり前だから許せる

パートナーと意見が異なり対立したとき、考え方が異なるのが当たり前だから許せることが多々あります。

日本人同士のパートナーだと、「この人は常識がない!」「マナーがなってない!」「どんな育てられ方したんだろう」と不満に思うことも、外国人のパートナー相手だと「へ~カナダではこれが常識なんだ~」「日本のマナーや育児とは違うんだね」と相手本人に怒りが向かいにくくなります。

意見が違うのは当然。二人共が納得できる解決策を一緒に探す。という形になるので、建設的で前向きな話し合いが可能です。

子供をバイリンガルに育てやすい

国際結婚の一番のメリットともいえるバイリンガル(マルチリンガル)育成。

純日本人でも留学やインターナショナルスクールを利用して、子供をバイリンガルにすることは可能ですが、国際結婚の場合は幼少期から自然と複数言語を教え込むことができるので経済的で効率が良いです。

子供の将来の可能性を広げることは親の大切な役割。国際結婚する人はぜひバイリンガル教育を取り入れてみましょう。

選択肢が広がる

日本人同士ではひとつしかない選択肢も、国際結婚になると増えることがたくさんあります。

例えば、結婚式をどちらの国で挙げるか。国によって結婚式のスタイルが異なるので、選択の幅がぐーんと広がります。

他にも、どちらの国を拠点とするか、子供の名前を日本名にするか外国名にするか、どちらの国で出産するかなど選べることが多くなります。

離婚率が高いのは本当?

国際結婚は離婚率が高いとよく言われますが、本当にそうでしょうか。

統計を見ると、日本人同士で結婚する場合の離婚率は34%、国際結婚になると61%と確かに高いです。しかしこれは国籍取得のための偽造結婚を含んでいる可能性がかなり高いと言えます。

国際結婚の中でもフィリピン人との離婚率は男性も女性も約90%とかなりのもの。この数値を見ると意図的な離婚計画を感じずにはいられません…。

一方、アメリカ人・イギリス人・ブラジル人との離婚率は25~35%と、日本人同士の離婚率と同じくらいです。

結局は本人次第で国籍は関係ない

国際結婚をしてみて思ったことは、結局は本人次第だということ。相手が外国人だから上手くいく・上手くいかないのではなく、相手がその人だからです。

そうはいっても、上記のデメリットでご紹介したように国際結婚だと我慢しないといけないことが多いのは事実。広い心でお互いを理解し合おうとする気持ちは普通の結婚よりも必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事