スポンサーリンク
日本の予防接種はすごく遅れているという話を耳にしたので、赤ちゃんや子どもの予防接種(Immunization)の内容についてカナダと日本を比べてみました。予防接種可能な病気やワクチンの英語表記一覧も用意しています。

州ごとに予防接種記録シートがある

生後2か月からスタートする定期予防接種。最初の予防接種の時にImmunization Record というシートがもらえるので、以降接種のたびに病院で記録してもらいます。きちんとした接種記録がないと小学校入学などで問題になる場合もあるので、日本と比べてかなり厳しいですね。
Immunization Recordは州によってデザインが異なります。

子供が摂取するワクチンの英語表記一覧

カナダで定期接種に含まれるワクチン(病名)の英語表記を調べました。数種類で1本の注射になっているものもあるのでまとめました。発音が難しい英語もあります。
Diphtheria ジフテリア
Tetanus 破傷風
Pertussis 百日咳
Polio ポリオ
日本では四種混合と呼ばれるワクチンですが、カナダでは下記のインフルエンザbと5種で1本の注射です。赤ちゃんが生まれて初めてうけるのがこちらですね。日本では生後3か月、カナダでは生後2か月で接種します。
Haemophilus influenzae type b (Hib) インフルエンザb菌
Pneumococcal 肺炎球菌
Rotavirus ロタウイルス
ロタウイルスのワクチンは経口接種。透明な液体を飲ませます。日本では種類によって2回接種・3回接種とありますが、どちらも任意接種のため有料。自己負担で約三万円だそうです。高い!! カナダでは必須分なので無料で受けることができます。
Measle 麻しん
Mumps おたふくかぜ
Rubella 風しん
三種混合ワクチンで欧米ではMMRという名称です。小学校入学までに2回接種が義務付けられています。一方日本では、おたふくかぜ(Mumps)は任意接種となっています。2回で約2万円強です。
Meningococcal 髄膜炎
髄膜炎ワクチンはカナダでは2回受けることが義務付けられています。もちろん無料です。しかし日本では任意で受ける予防接種。価格は約2万円と高額ですね。
Varicella 水痘(みずぼうそう)
Hepatitis B B型肝炎
Human papillomavirus ヒトパピロマーウイルス(HPV)
日本では2013年から定期接種の仲間入りをしましたが、その後すぐに副反応騒動があり厚生労働省は「積極的な推奨をしない」という方針に変更しました。定期接種に含まれているにもかかわらず日本での接種率は1%未満だとか。 HPVと副反応についての議論は現在も続いていますが、「ワクチンを導入している先進国で子宮頸がんが急増しているのは日本だけ…」と聞くとこのワクチンの効果と重要性が見えてきます。

定期予防接種の種類比較表

日本とカナダの定期予防接種の種類が異なります。 日本では日本脳炎とBCGが定期接種。カナダではロタウイルス、おたふくかぜ、髄膜炎が定期接種に入っています。
日本 カナダ
定期接種 百日咳 ジフテリア 破傷風 ポリオ Hib 肺炎球菌 B型肝炎 BCG(結核) 風しん 麻しん 水痘 日本脳炎 HPV 百日咳 ジフテリア 破傷風 ポリオ Hib 肺炎球菌 ロタウイルス B型肝炎 風しん 麻しん 水痘 おたふくかぜ 髄膜炎 HPV
日本脳炎は定期接種に入れている国は日本だけですが、カナダでもトラベルクリニック等で接種が可能です。BCGは欧米やヨーロッパではずいぶん前から定期接種ではなくなっており、結核自体が一昔前の病気のようですね。

集団免疫(Herd Immunity)が大切

日本でも世界でも、子供に予防接種を受けさせない「反予防接種」という人が一定数いるようです。ワクチンに効果がないから、子供に痛いのはかわいそう、受けなくても大丈夫、副反応が怖いからなど理由は様々。 個人的意見ですが、必須の予防接種を受けさせないのは虐待レベルでやばいと思います。 多くの人が予防接種で免疫をつけることによって感染症の蔓延を防止することを集団免疫といいます。免疫がない人と感染者の接触機会が減り社会全体として感染症の流行を防ぐことができます。 赤ちゃんや妊婦をはじめ、使用中の薬との相性やアレルギーで予防接種を受けることができない人を集団免疫で感染リスクから守ることが大切だと思います。

日本は予防接種後進国?

カナダと日本で定期接種の種類が異なるのでいろいろ調べていく中で気づいたこと。 感染者の多い髄膜炎・ロタウイルス・おたふくかぜが任意接種なのに、すでに一昔前の病気である結核のワクチンが定期接種に入っている不思議です。 BCGの必要性はさておき、問題となるのが本来受けるべきワクチンが有料であること。自分の子供に受けさせたいと思っても、子供一人につき7万円の負担は大きすぎます。また、「任意接種」と言われると受ける必要がなさそうにも聞こえます。 平均寿命がトップクラスの日本は医療もトップクラスと信じていましたが、予防接種では先進国の中でも最低レベルと知り、本当に残念な気持ちです。 なんとカナダでは毎年のインフルエンザワクチンも無料で接種可能です。毎年インフルエンザの時期になるとドラッグストアで打ってくれます。こんなに医療サービスが充実していて保険負担額0なのがすごいですね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事