【2019年最新】カナダ現地から!首都オタワの気候・気温・季節イベント情報とおすすめの服装
スポンサーリンク

広大な土地をもつカナダは、地域によって気候が全く異なります。

私が住んでいる首都オタワは、1日の気温の変化が激しく、平均気温と実際の気温が全く違うのが特徴です。昼夜の気温差が20℃以上あることも!そのため、年間平均気温だけ見て旅行に行くと大変なことになります。

2019年オタワの実際の気温と、季節ごとに適切な服装を、オタワに住む日本人がお届けします。

この記事を読めばわかる
  • オタワの年間平均気温
  • 2018 / 2019年の実際の気温
  • 季節ごとのおすすめの服装
  • オタワ旅行にお勧めのシーズン
  • オタワの季節イベント

オタワの年間平均気温

寒さが厳しいことで有名なカナダ。バンクーバー、トロント、モントリオールなど有名な都市の中ではオタワは非常に寒い都市と言えるでしょう。冬季(1月)の平均気温は‐10℃で、北極寒波に覆われると-30℃まで下がることもあります。

一方、夏場は7月をピークに、東京と同じくらい気温が上がります。夏と冬の寒暖差が激しいのがオタワの気温です。1年における平均気温の変化は北海道の旭川によく似ています。

最高気温(℃) 平均気温(℃) 最低気温(℃) 降水量(㎜)
1月 -4.8 -9.5 -14.2 49
2月 -4.0 -8.8 -13.5 52
3月 3.0 -2.1 -7.2 59
4月 11.5 6.2 1.0 70
5月 20.1 14.2 8.2 62
6月 24.0 18.5 13.1 80
7月 26.5 21.0 15.3 85
8月 25.6 20.0 14.3 92
9月 21.4 15.6 9.7 74
10月 13.6 8.9 4.2 70
11月 6.4 2.2 -2.0 39
12月 -1.6 -5.3 -9.0 74

数値参考:世界の季節

スポンサーリンク

オタワの実際の気温(2019年)とおすすめの服装

オタワの気温は上がり下がりが激しいのが特徴です。同じ1日でも最高気温・最低気温で20℃以上の差が出ることも少なくありません。同じ月の別日だと30近い差になることも。

そのため、平均気温は全くアテになりません。オタワに行く人は天気予報をしっかりと確認していくことが大切です。

それでは、参考までに昨年(2018-2019)の実際の気温を見てみましょう。

オタワの春:4月~6

オタワの春は4月中旬~6月ごろです。平均最高気温は11℃~24℃、平均最低気温は1℃~13℃ですが、2019年4月中旬~6月の実際の気温は下記の通り。

2019年 最高気温 最低気温
4月 20℃ -8℃
5月 28℃ 0℃
6月 34℃ 6℃

参考:AccuWeather

春といっても、4月の明け方は寒いときで0℃を下回る日もあります。2019年4月は、最低気温が氷点下を下回った日が14日ありました。

一方、6月の日中には最高気温が34℃に達する日もあり、日中の気温差が激しいのが特徴。

春のオタワにおすすめの服装

オタワの春は4月でも氷点下になる日があり、雪もまだ残っていることも。そのため、滞在する時期によってはしっかり冬武装が必要になる可能性があります。

中に着る服は統一して、上着で調節するのがおすすめ。例えば、中に着るものを長袖シャツ+長袖パンツにした場合、4月はがっつり冬用ジャケット、5月は裏地付きモッズコートか厚手パーカー、6月は薄手パーカーか長袖カーディガンという具合。

一日の気温変化が大きいので、脱いで調節できる重ね着もおすすめです。旅行の場合は歩きやすくて気温に左右されないスニーカーが良いでしょう。

オタワ春の服装のポイント
  • 日中の気温差が激しいとき
  • 4月の早朝や夜間は氷点下になることも
  • 気温変化に対応しやすい服装がおすすめ

オタワの夏:7月~8

オタワの夏は7月、8月ごろ。平均最高気温は25℃、平均最低気温は14℃ですが、2018年の実際の気温は下記の通り。

2018年 最高気温 最低気温
7 36 10
8 33 10

参考:AccuWeather

夏場は最高気温に要注意です。2018年は私にとって、オタワでの初めての夏でもありました。この年は30℃以上の暑い日が16ありました。そして、平均最高気温よりも10℃以上高い36を記録した猛暑日もあります!

日本の夏といい勝負です。日本のようなジメジメした夏ではありませんが、フツーにカラッと暑いです!!扇風機の前から動けない…。

もえ
オタワの平均最高気温25℃とか言ったやつ出てこい…(#^ω^)

ただし、暑いのは昼間2時~6時頃まで。それ以外の時間は比較的涼しく過ごしやすいです。

夏のオタワにおすすめの服装

日中は30℃前後と暑くなりますが、午前中や夜間は冷えることがあります。また、カナダ人は暑さに弱いようで、ショッピングモールなど建物内の冷房はかなり効いていて寒いくらい。

真夏でも薄手のストールや長袖上着を常備しておきましょう。日差しが強いのでサングラスと日焼け対策も忘れずに!

基本的には日本の夏の服装+薄手の上着でOK

オタワ夏の服装のポイント
  • 建物内が異常に寒い
  • 日本の夏服+薄手の上着を用意する
  • 日焼け対策
  • サングラスがあると◎

オタワの秋:9月~10

オタワの秋は9月、10月ごろです。平均最高気温は12℃~20℃、平均最低気温は4℃~10℃ですが、2018年の実際の気温は下記の通り。

2018年 最高気温 最低気温
9 32 3
10 28 -5

参考:AccuWeather

秋はオタワの1年の中で一番過ごしやすい季節です。特に9月は寒すぎず暑すぎず丁度良い時期。相変わらず日によって温度差が激しいものの、よく天気予報を見ていれば問題なく対応できるでしょう。9月は頭に30℃行く日がチラホラですが20℃前後がほとんど。10月は10℃台の日が一番多いです。

ただし、ベストな季節は一瞬で終わってしまいます。厳しい冬になるまであっという間です!

秋のオタワにおすすめの服装

基本的には薄手の長袖+長ズボンがおすすめ。薄手ニットのセーターが使いやすいです。短いスカート等、肌が出ると寒さを感じます。

日中は暖かくても夕方から突然寒くなることがあるので、ライトダウンか厚手のパーカーなどの上着を忘れずに持ち歩きたいです。特に夜に外出する場合は、冬用装備が必要になるかもしれないので要注意。

サンダルでは寒いので、スニーカーかブーツが良いでしょう。雪はまだ降らないので、日本のブーツで問題ありません。

オタワ秋の服装のポイント
  • 一日ごとにどんどん寒くなるので注意
  • 長袖+長ズボン+ブーツ+ジャケットがおすすめ
  • 10月後半は冬用装備が必要になることも

オタワの冬:11月~4月中旬

オタワの冬は11月~4月前半です。平均最高気温は-6℃~5℃、平均最低気温は-15℃~-2℃ですが、2018年11、12月と、2019年1~3月の実際の気温は下記の通り。

2018 / 19年 最高気温 最低気温
11 13 -21
12 7 -21
1 4 -26
2 7 -24
3 8 -23

参考:AccuWeather

-15℃も十分寒いですが、実際のオタワの冬はそんなものではありません。20191月では、-20℃を下回った日は10日間。月間最低気温はなんと-26

一日の最高気温も常に氷点下で、0℃を超える日はめったにありません。さらに、風がある日は体感温度がぐっと下がります。

冬のオタワにおすすめの服装

オタワに限らず、冬のカナダは日本の冬とは比べ物になりません。日本の冬用コートでは太刀打ちできない可能性が高いです。カナダグースなど-30℃まで対応できる冬用ジャケットと手袋、ニット帽は必須アイテムです。

寒い日に耳を出していると危険なので、髪の毛が短い人は耳あてか耳まで隠れるニット帽を用意しましょう。

降雪量も多く、常に雪が積もっていて足場が悪い状態です。冷たい雪水が靴に入ると指先が凍り付きそう…。外を移動する場合は冬用スノーブーツが必要です。

一番寒い時期では、日本の防寒グッズはほとんど役に立ちません。冬のオタワに長く滞在する場合、防寒グッズは現地で調達したほうが良いです。室内はびっくりするほど暖かいので、ヒートテックなどの下着重ね着よりもゴツイ上着の方が着脱できて便利です。スノボ用ウエアが重宝します。

オタワ冬の服装のポイント
  • 防寒使用の冬用ジャケット
  • 厚手の手袋・ニット帽が必須
  • 耳を必ず隠す
  • 外を移動するときはスノーブーツ
スポンサーリンク

【2019年】オタワの日の出・日の入り時刻

Rideau Falls (Ottawa, ON)

緯度が高いカナダでは、夏と冬で日の出、日の入時刻が大きく変化します。

下記は2019年のオタワの日出と日没時刻の一覧です。4月頃から日照時間が長くなりはじめ、7月をピークに9月頃から日が短くなります。

夏は9時過ぎまで薄暗く、冬は5時頃から本格的に暗くなり始めます。

サマータイム(Daylight saving)期間の3月第2日曜日から11月第1日曜日までは、時計を1時間進めます。太陽が出ている時間帯を最大限に活用し、電力消費などに貢献する取り組みです。

日付 日出 日没 日長
2019年01月01日 07:42:29 AM 04:30:50 PM 8h 48m 21s
2019年02月01日 07:22:38 AM 05:10:13 PM 9h 47m 35s
2019年03月01日 06:39:40 AM 05:50:17 PM 11h 10m 37s
2019年04月01日 06:41:43 AM 07:31:14 PM 12h 49m 31s
2019年05月01日 05:49:55 AM 08:09:42 PM 14h 19m 47s
2019年06月01日 05:17:16 AM 08:44:11 PM 15h 26m 55s
2019年07月01日 05:18:39 AM 08:54:55 PM 15h 36m 16s
2019年08月01日 05:47:42 AM 08:30:29 PM 14h 42m 47s
2019年09月01日 06:25:02 AM 07:40:09 PM 13h 15m 7s
2019年10月01日 07:01:44 AM 06:42:46 PM 11h 41m 2s
2019年11月01日 07:42:56 AM 05:49:46 PM 10h 6m 50s
2019年12月01日 07:22:49 AM 04:21:16 PM 8h 58m 27s

オタワの季節イベント

降雪量が多く、冬はほぼ毎日雪に覆われるオタワ。そのため、イベントの数は夏に集中しています。

季節ごとの主なイベントをご紹介していきます。

2月:ウィンタールード(Winterlude)

オタワと川を挟んだ街ガティノー各所で開催される北米最大の冬の祭典です。雪や氷の彫刻コンテストや各種スポーツイベント、ショーなどが開催されビッグイベント。

凍り付いたリドー運河ではスケートも楽しめます。この天然スケートリンクは7.8㎞で世界最大級です!そのほか様々なファミリー向けアクティビティを楽しむことができます。

5月:チューリップ・フェスティバル(Canadian Tulip Festival)

世界最大のチューリップ祭り。15キロに及ぶチューリップの歩道や、ダウズレイク周辺の30万本のチューリップなどが見所。メイジャーズ・ヒル公園には、毎年日本パビリオンが設けられ、日本文化体験等のイベントが行われることも。

チューリップフェスティバルの始まり

第二次世界大戦中、ナチスドに占領されたオランダからカナダに疎開していたユリアナ王女はオタワ滞在中に妊娠し出産することになりました。しかし、オランダには「オランダ王室を継ぐものはオランダ生まれでなければならない」という法律が…。
カナダ政府の配慮で、ユリアナ王女の病室は一時的にオランダとし、ユリアナ王女はオタワ市民病院で無事女児を出産。終戦後、王女と子供達は再び祖国オランダの地を踏むことができました。
王女への手厚い待遇やオランダ復興支援に協力したカナダへの感謝として、1945年にオランダからオタワに10万個のチューリップの球根を贈呈。現在もオランダから毎年1万個のチューリップが届いています。
公式サイト:https://tulipfestival.ca/
入場料:無料
チケット:ツアー($5)、パーキング($15)、他チケット有

6月:イタリアン・ウィーク(Italian week)

美味しいイタリア料理のお店が立ち並ぶ街「リトル・イタリー」周辺を中心に開催されるお祭りです。

ピザなどのイタリア料理を楽しめるほか、フェラーリやフィアットなどイタリアを代表する車のパレードも見ることができます。たくさんの高級車が並ぶ風景は圧巻!

イタリアンフルコースを満喫できるチケットも販売しています。お料理を楽しみたい人はぜひ。

公式サイト:https://italianweekottawa.ca/
入場料:無料
チケット:レギュラー($95)イタリアンフルコース付き。他

6月~7月:サンセットセレモニー(Canadian Sunset Ceremony)

ロイヤル・カナディアン・マウンテッド・ポリス(RCMP/カナダ連邦警察)が、制服のレッドコートを着て行う馬術ショーです。音楽に合わせて騎馬警官が行進します。入場は無料で駐車場が用意されているのも嬉しいですね(台数制限あり)。

公式サイト:http://www.rcmp-grc.gc.ca/en/canadian-sunset-ceremonies
入場料:無料(無料パーキング有)

7月1日:カナダデー(Canada day)

カナダの建国記念日「カナダデー」は一年で一番盛り上がるカナダイベント。カナダ全ての都市で色々なイベントが催されお祝いムード一色ですね。

首都オタワでも国会議事堂をはじめ、各地に特設会場ができ、記念コンサートやパレード、花火大会など様々なイベントが繰り広げられます。

カナダを象徴する赤い服を着て、カナダ国旗を振る人の姿があちこちで見られます。夜には花火が打ち上げられ、ダウンタウンは見物客で大賑わいです。

7月:オタワ・ブルースフェスト(Ottawa Bluesfest)

北米でも有数の大きな音楽祭です。約10日にわたり、複数のステージにてブルース、ロック、ポップもなどたくさんのパフォーマンスが行なわれるビッグイベント。人気のある歌手がくると盛り上がりは最高潮に!

公式サイト:https://ottawabluesfest.ca/
入場料:1日券($59)、他チケット有

9月:ガティノー・ホット・エア・バルーン・フェスティバル(Gatineau Hot Air Balloon Festival)

オタワ川を挟んだ対岸の街「ガティノー」で開催されるお祭りです。

アーティストによるコンサートや花火、乗り物など様々なアトラクションが用意されています。その中でも一番の目玉は気球。色とりどりに気球が空に舞います。気球の中を探検したり、実際に気球に乗って空を飛んでみる体験アトラクションも楽しめます

© Anthony Quintano

公式ウェブサイト:
入場料:1日券($55)、パスポート($62)
チケット:乗り物パス($37)、気球体験($374)、他チケット有

12月~1月:クリスマス・ライツ・アクロス・カナダ (Christmas Lights Across Canada)

クリスマスシーズンになると、オタワのあちこちでイルミネーションの飾りが施されます。国会議事堂もクリスマス仕様にライトアップしてとても綺麗です。

一番の目玉イベントは国会議事堂に映し出されるプロジェクションマッピング。カナダを象徴する動物や景色など色々な映像が冬のParliament Hillに輝きます。2018年イベントの動画を見つけたのでぜひご覧ください。

オタワ観光のベストシーズンは夏~秋

日中の気温差が激しいカナダ・オタワのベストシーズンは6月~9月頃

暑い日はありますが、東京ほどの猛暑になる日は少なく、暑さに慣れている日本人が適応しやすい気候です。真夏でも夜は肌寒くなりますが、薄手の上着を忘れなければ問題ありません。

日照時間が長いので夕食後に外でアクティビティを楽しむのも良いですね。夏期間はレストランでパティオ(ベランダなど屋外席)が解放されるので、日没を背景に飲むビールは最高です!

さらに7,8月はイベントが集中しているので旅行で狙うならこの期間がおすすめです。

冬期間は気温がぐっと下がり氷点下の日が続きます。現地の人は外出を控えて室内やショッピングモールで遊ぶことが多くなります。一方で天然スケートリンクが郊外のいたるところに出現し自由に楽しめます。ダウンタウンでは凍ったリドー運河で7.8㎞のスケートが可能です!

カナダならではの天然スケートリンクとパウダースノーを体験できるオタワの冬も悪くないかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事