スポンサーリンク

オーストラリアに住んでいる知人が「本を手作りして販売している」というので詳しく聞いてきました。英語の勉強のほかコレクションとして本棚に欲しくなる美しい本です!

一つひとつ手作りのハンドクラフトブック

本好きのカナダ人&オーストラリア人カップルが2018年に設立した「Waterbell」。ハンドクラフトの本を数量限定で制作・販売しています。

現在販売中の4種類は、それぞれイラストレーターによる書下ろし挿絵入り。本棚にあるだけで目を引く美しいハードカバーブックです。サイズは約22×14センチと大判でずっしり存在感があります!

完全ハンドメイドの「the Premium Limited Edition」は26冊限定。売り切れた場合も増刷は予定していないそうです。丁寧に製本されたハードカバーやハンドレタリングでプレミアム感がありますね。価格はAU$200とさすがに手作りの価格ですね。

「the Limited Edition」は素敵なデザインそのままに、価格を抑えた機械製本のお得版です。もともとは上記のPremium版のみ販売していましたが、要望に応えてmachine-madeの「the Limited Edition」を作ったそうです。価格はAU$160 です。

※日本への送料は別途かかります。

スポンサーリンク

日本でも有名な4つの物語

Waterbellのハンドメイドブックは全部で4種類。どれも日本でも有名な作品ばかりです。児童書カテゴリーの本が多いですが、英語原文は大人向けに書かれているのでやや難しい英語表現もあります。

Pride and Prejudice

ジェーン・オースティンによる長編小説。日本では「高慢と偏見」、「自負と偏見」、「自尊と偏見」など色々なタイトルに訳されている恋愛小説の傑作です。

女性は良い伴侶を見つけ結婚することだけが幸せであり成功と言われていた18世紀末のイギリスが舞台。登場する女性たちの恋愛模様を描いています。

本のデザインも女性らしい淡い色使いの水彩画です。

Tom Sawyer and Huckleberry Finn

トム・ソーヤの冒険はアニメにもなっている有名な作品。調べたらゲームにもなっているんですね!

10歳のいたずらっ子少年トムが仲間たちと面白おかしく日々を過ごすストーリー。私も子供の頃に読んだ記憶がありますが、大人になった今もう一度読みたい作品の一つです。

ハックルベリー・フィンの冒険はトム・ソーヤノ冒険の続編です。「the premium limited edition」と「thelimited edition」では、一冊で両方のお話を楽しむことができます。

ハードカバーのミシシッピ川のイラストがとてもきれいなので、開いた状態で飾るのも良いですね。

Alice in Wonderland

ディズニー映画にもなったファンタジーの名作。少女アリスが白うさぎを追いかけて不思議な国へ迷い込むお話です。

この小説の一番の特徴は色んなユニークな生き物が出てくるところですね!こちらの本も、ミステリアスなのにふんわり優しいタッチで描かれた挿絵が素敵です。アリスファンは絶対に本棚にほしい一冊。

誰もが知っているストーリーで英単語も難しくないので英語の勉強によさそうですが、ダジャレ的な表現も多いため完全に理解するにはやや難易度高めです。

Treasure Island

日本語版のタイトルは「宝島」。そのままですね!海洋冒険物語で児童書として色々な人に翻訳されています。ドラマやアニメなどは製作品もあるようです。私はまだ読んだことがないのですが、夏になったら読んでみたいです。

とても有名な本だけに、色々なデザインで世界中様々な出版社から出ています。Waterbellの本は写実的な絵でまるで絵画みたい。個人的には上記4冊の中で一番好きな絵です。風景が特に素晴らしい。

130年前の本なので、今はあまり使わない表現やスラングがあり英語難易度は高め。

スポンサーリンク

数量限定ハンドメイドブックの購入方法

Waterbellは出来たばかりの会社。今回ご紹介した4冊はKickstarterのリワードとして手に入れることができます。 各本の挿絵はKickstarterで紹介されています。 さらに、ハンドメイド本以外にカバーデザインプリント(AU$20)なども揃っています。詳しくはWaterbell のプロジェクトをご覧下さい。

Kickstarterとは?

資金集めをしてクリエイティブなプロジェクトを実現するプラットフォーム。応援したいプロジェクト(商品)があればプレッジ(支援の約束)することでリワード(返礼品)としてその商品が手に入るシステム。もしも資金がプロジェクトの目標金額に届かない場合は集まった資金は全て支援者に返還されます。

Kickstarterは最近日本語版がリリースされましたが、まだまだ日本では知名度が低い。しかし欧米では定着しているようです。アカウントを作成するのが少々面倒ですが、他にも面白いプロジェクトがあるので興味がある方は目を通してみてはいかがでしょうか?Facebookアカウントからのログインも可能です。

将来的に日本語のハンドメイド本も出版予定!!

Waterbellは出来たばかりの会社。現在は英語の本のみですが、将来的にはフランス語や日本語の本も出版予定だそうです。日本語の本はどんな風になるのか気になります。飾っておくなら英語の本の方が絵になるけど、何度も読むなら日本語かなと思ったり…。

Waterbell代表のメラニーは本を作る理由を次のように語ってくれました。

"We wanted to combine our passion for books and literature and make the most beautiful books! We are just in the early stage of our company. We have lots of room to grow but the journey has been amazing so far!"

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事