スポンサーリンク

カナダのワーホリはバンクーバーやトロント以外にもおすすめの場所があります!首都オタワでの生活やワーキングホリデーでオタワを選ぶメリットをご紹介します。

カナダのワーキングホリデーで人気の都市

カナダでワーキングホリデーといえばバンクーバーやトロントが人気ですね。どちらの都市も日本からのアクセスが良く、遊ぶ所も多いので都会慣れしている日本人は1年間めいいっぱい楽しめる場所です。

しかし、本当にカナダらしい生活を体験したいなら上記二つ以外の都市も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

カナダの首都なのにワーホリ先として知名度が低いオタワ。実はワーホリ穴場スポットかもしれません!

首都オタワってどんな所?

カナダ国会議事堂

オタワはトロントと同じオンタリオ州の都市でカナダの首都。運河を挟んだ反対側はケベック州のガティノー市を含めた周辺都市でオタワ首都圏を形成しています。

当時、首都の決定をめぐりフランス語圏のケベック・モントリオール、英語圏のキングストン、トロントの4都市が争っていましたが、ちょうど英仏勢力の中間地点にあるオタワ市が首都に制定されました。

オタワの人口

オタワの地域人口は約81万人。トロント、モントリオール、カルガリーに続き4番目。東京都区部の人口が約930万人なので10分の1以下ですね。

また、カナダで4番目といってもトロントのように大都会というわけではなく、栄えている個所はほんの一部。オフィスは多いですが、商業施設は少ないです。

オタワの言語と人種

ケベック州に隣接するため、人口の15%はフランス語を第一言語とする人です。しかし多くは英語とフランス語を両方話すバイリンガル。お店に行くと、”Hello! Bonjour!” と、英語・フランス語両方であいさつをされます。

公用語が二つあるカナダならではの不思議な雰囲気を味わうことができます。

アジア系とファーストネーションが多いカナダ西側と異なり、フランス系黒人・中東系の人々がたくさん住んでいます。色んな人種がちょうどよくミックスしている感じです。

オタワの気候

冬の寒さが厳しいことで知られているオタワ。真冬はマイナス20を超える日もよくあります。積雪も多く、冬場は常に雪が積もっている状態に。

一方、夏場は毎日気温30℃を超します。真夏は稀に35℃を超えることも。日本よりはマシですが、クーラーを備えている家が少ないので、滞在場所によってはとても暑いですただ、真夏期間は1~2週間程度なので私は基本的に引きこもっています。

夏は暑く、冬は寒いオタワ。夏冬の気温差はなんと最大60℃!気温差が激しい分、四季を満喫できます。

オタワの公共交通機関

主な交通手段はバス。多くのルートで24時間動いているので、夜まで遊んでもちゃんと帰宅できます。バス専用の高速道路?やバス専用レーンがあり、長距離でも意外とすぐに到着します。

時刻は全く正確ではないので待ち合わせや仕事に送れることも多いですが、それが当たり前なのでみんな遅刻には寛容ですよ。

利用率の高いバス停は四方を壁で囲まれていて中には暖房設備があるので冬の待ち時間も寒くありません。

スポンサーリンク

オタワで仕事・英語勉強

ワーキングホリデーなら、仕事が見つかるかどうか・英語の勉強がしやすい環境かどうかが気になるところです。

現地の人と一緒に働ける

カナダの首都なだけあり、政府関連機関が集結しているオタワ。ワーホリだと政府機関で働くのは難しいかもしれませんが、ワーホリでも働きやすいカフェやレストランでのお仕事もたくさんあります!

ショッピングモールも多いのでフードコートもお勧めですよ。

トロントやバンクーバーなどワーキングホリデー人気都市で働く場合、職場の同僚も自然とワーホリなど短期滞在の人が多くなりますね。

一方、オタワはカナダ人や移民や留学生など長期で働いている人がたくさんいます。ワーホリ同士のワイワイした感じは少ないかもしれませんが、現地の人とのリアルな生活を体験できます。

語学学校や図書館の無料レッスン

語学留学やワーホリ先としてはあまり有名でないオタワですが、語学学校はちゃんとあります。一クラスの人数が少ない小規模校が多いので、落ち着いて勉強できる環境です。

図書館では週に2~3回、無料の英語レッスン・フランス語レッスンを行っています。申し込み不要で参加できるので、語学学校に行く予定が無いワーホリの人でも仕事帰りに気軽に立ち寄れます。

オタワでワーホリするメリット

何故わざわざあまり有名ではない都市を選ぶのか。オタワでワーホリをするメリットは実はたくさんあります。

日本人が少ない

オタワは都市の規模のわりに日本人がとても少ない!ダウンタウンを歩いてもほとんど日本人を見かけることはありません。(アジア系を見つけるとつい見極めようと凝視してしまいますが、ほぼ中国人です…。)

語学学校も日本人率がとても少ない。人気都市だと50%近い語学学校の日本人率が、オタワだと10%未満だったりします。日本語を忘れて英語環境にどっぷりつかりたい人にとってはメリットですね。

フランス語も学べる

繁華街から橋を渡ればすぐにケベック州になるため、現地で生活する人の多くがバイリンガルのオタワ。英語もしっかり通じるので初めてフランス語を学ぶ環境としてもピッタリです。

フランス語と英語を両方一緒に習得できれば一石二鳥。英語とフランス語は単語や構成が似ているので相乗効果が期待できます。

フランス語が話せると仕事も見つかりやすくなるので、オタワに住むならフランス語をかじってみるのもアリですよ!

モントリオールとトロントが近い

オタワはカナダ第一位の大都市トロントと、第二位モントリオールの中間地点に位置しています。

モントリオールまでは車で2時間。高速バスは日程により約40$、一日40本近く走っているので週末に気軽にモントリオールまで遊びに行けます。

トロントの場合は車で4~5時間、高速バスだと100$で行くことができます。本数も多いので便利です!

人と違うことをしたい人へオススメ!

カナダグースが超たくさんいます!

カナダでワーホリといえば、バンクーバーやトロントを選びがち。大都市も遊ぶ所がたくさんで楽しいけど、都会育ちの日本人ならワーホリの1年間はカナダの田舎暮らしを体験してみてはいかがでしょうか?

日本人が少なく、バイリンガルが多い街オタワはワーホリの穴場。人と違う場所でワーホリをしたい人やフランス語を学びたい人、カナダらしさを満喫したい人はぜひ候補に入れてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事