スポンサーリンク

カナダに行くときや、ビザ変更や永住者で一時帰国するときに日本で買いたいもの。一時帰国でよく購入するもの・買わずに後から後悔したものを一覧にまとめました。「あれ買っておけばよかった!」と買い忘れないようにぜひ参考にしてください。

日本で買うものをリスト化する

学生ビザで滞在中の頃から今まで、何度も日本に一時帰国をしていますが毎回「あれも買っておけばよかった!」というものが後から出てきます。

逆に、日本で買ったけどカナダで売っていたということも少なくありません。そう頻繁には帰れないし、飛行機の受託手荷物の重さも数も限られているので必要なものを事前にしっかり押さえて行きたいですね!

滞在地で手に入るものを確認

まず、滞在地で手に入る日本食品(製品)をしっかり確認しておくことをオススメします。カナダには日本人がたくさん住んでいるので、地域によりますがほとんどの物は現地調達が可能。

小物などはデザインが気に入らないこともあるので、事前に日本食料品店を回って欲しいものが手に入るか確認しておくと、日本から持ち帰るスーツケースのスペースを節約することができますね。

海外在住の日本人も免税対象

日本でも最近はTax Freeというマーク(↑)をよく見かけるようになりました。ユニクロやドン・キホーテ、ドラッグストアでは定番になっています。

外国人向けに英語や中国語で説明文が記載されていることが多いのですが、実は海外在住の日本人も免税対象です。

入国6ヵ月以内のスタンプが押してあるパスポートを持って、購入するときに「免税の手続きをしたい」旨を伝えましょう。手続き用紙が手書きなので5分ほど時間がかかりますが、消費税分の8%2018年現在)が節約できます。対象店で大量に買い物をする場合はとてもお得です!

免税対象者

免税をうけるには、外国人でも日本人でも「非住居者」でないといけません。

手続きなどの詳しい内容は、国土交通省観光庁の免税品の説明のウェブサイトをご覧ください。

スポンサーリンク

一時帰国で購入するものリスト

カナダでは手に入りにくい日本製品を紹介します。欲しいものがあればリストに加えましょう^^

日本語の書籍

マンガはカナダでも英語版が手に入りますが2~3倍の価格。英語やフランス語のテキストもカナダで手に入る中古本は10年以上前の物のことも…。最新版が欲しい人は日本で購入するしかありません。

耳かき

カナダ人から、「日本人が絶対持っている棒」と言われている耳かき。なくても困りませんが、あるとき突然欲しくなるんですよね…。かさばるものではないので、デザインの良いものを1本購入したらいいと思います!

マスク

マスク大好きな日本人。カナダではあまりマスクをする機会がありませんが、その分あまり販売もしていません。日本の方が色々なデザイン・機能のものを置いているので一時帰国の際に買って帰ることをオススメします。

風邪の時以外に、家のリノベーション、掃除やペットのお世話で役に立ちます。

歯ブラシ

カナダの歯ブラシは巨大。日本の歯ブラシのように小型ヘッドのものが欲しい人は購入をおすすめします。毎日使うものなので長期滞在の人は2本以上あるといいですね。

食器類

日本とカナダでは食事が異なるため、ほしい食器がカナダでは手に入らないことがあります。

たとえば、味噌汁の椀や焼き魚皿、小鉢、醤油皿などの小さい食器をカナダで探すのは大変。箸やレンゲもカナダの一般的な食事では使わないので売っている店もデザインも限られています。

私はご飯を炊くための土鍋を日本で購入して運びました。

100均の便利グッズ

100均にある日本のアイデア商品でいいものがあるかもしれません。私が持っているのは千切りピーラーや皮むき器などのキッチン用品です。

カナダにも100均らしきお店はありますが、日本のように品ぞろえは良くないし質も悪いです。バンクーバーにはダイソーの商品を置いているお店もありますが、価格は約2倍です。

日本食品

よほどのマイナー都市を選ばない限り、日本食品はカナダのどこでも手に入ります。

しかし、価格は日本国内の3倍以上することも珍しくありません。私が一時帰国するときは、スーツケースのほとんどが食品埋まります。また、カナダではあまり売っていない日本食もあるのでそういうものを狙うのが良いと思います。

コンソメ・鶏がらスープの素

カナダで販売しているクノールのコンソメキューブはなんだか味が違います…。鶏がらスープの素も売っていないので、一時帰国のときに大量に調達しています。日持ちするので1年分くらい買い込みもOK!

乾燥食品、揚げ玉(天かす)

たこ焼きやお好み焼きを作るのに、必要な揚げ玉。パン粉はよく見るけど揚げ玉ってあまりないんですよね~。うどんやそばなど色々な料理に使えるのでオススメです。乾燥わかめなどのドライフードも、軽くて持ち込みやすいのでスーツケースに空きがあれば是非!

サプリメント

カナダではどこでもサプリメントが手に入りますが、ビタミン系はマルチビタミンなど混合になっているものが多いです。ピンポイントの栄養素が欲しい人は、探すのに苦労するかもしれません。

私が一時帰国で購入するサプリメントは、葉酸・DHA・ビタミンB1単品のものです。

高品質な日本製品

カナダの商品が質が悪いというわけではありませんが、それなりのクオリティを求めると価格が大変なことになります。カナダではお店に並ぶ商品のほとんどがアメリカやメキシコからの輸入品だからです。食品はカナダ産が豊富なんですけどね…。

一方、日本では安いのに高品質というものがたくさんあります。ユニクロとか大好きです!

工場は中国にある会社も多いですが、企画は日本でされています。そのためデザイン性・機能性は抜群です。企業努力がスゴイ!

化粧品

海外の化粧品は肌に合わないことも。敏感肌の人は化粧品を1年分まとめて購入したいですね!重いものでもないし、化粧品は一式日本で買っています。

化粧水など基礎化粧品は重量があるしかさばるので、荷物の空きスペースと相談ですね…。ちなみにカナダではクレンジングオイルを売っていないので、私は優先的に購入するようにしています。

カナダでは洗顔クリームがメイク落としと両用になっているらしいのですが、全く落ちた気がしないので((+_+))

衣類・下着

カナダの服って可愛くない。生地がペラペラなのに値段だけそれなりにするものも多いです。

下着(特にブラ)に至っては、日本とサイズが違うので北米のものは合わないこともあります。というかセクシー追及しすぎて全然本当に可愛くない…。私は帰国の度に何セットか買って帰るようにしています。

文房具

日本の文房具はクオリティ―高いですね。カナダでは大人でも鉛筆を使っている人が多い気がしますが、日本ではシャーペンのすごいやつとかたくさん見つかります。

私が一時帰国で買わずに後悔したものは、クリアファイルです。カナダでクリアファイルって売っているんでしょうか…?紙のバインダーはよく見るけど、プラスチック製のはあんまり見たことがないです。

ハンドメイド材料

洋裁や編み物が好きな人は、生地や毛糸などハンドメイドの材料を購入してみてはいかがでしょうか。カナダの生地屋さんに行くと、メイドインジャパンの生地がたくさん並んでいます。

輸入品なので、価格は20$/mくらいとかなり高めです。日本の大型手芸店で生地を買うと300円/mくらいが相場なので安いですね!安いだけではなく、素材や柄も良いものが多いのでオススメです。

家電製品や電子機器

日本の家電は小さくて機能性もよく大変優秀。もちろんカナダでも必要な家電は手に入りますが、日本で買うように、色々なメーカーを見比べて…ではなく、セール品を買う。サイズがちょうどよいものを買う。というのが一般的。しかも結構高い。

炊飯器、時計、美顔器、シェーバーなどの家電は日本で買いたいですね。またマウス、USBなどの電子機器も小さくて軽いのでお勧めです。日本の電気製品はカナダでも使えますが、電圧が微妙に異なるためW数が高いものは故障の原因になるので注意が必要です。

スマホケース

おしゃれなスマホケースが欲しい人は絶対日本で買うことをお勧めします。カナダでもスマホケースはたくさん並んでいますが、ビビットカラーの激しいデザインのものか、超ごついヘビー級デザインのものしかありません。

iPhone用として人気のiFaceは見つかりますが、日本で買う2~3倍の価格になっています。

デザインや色にこだわるなら、やっぱり日本で買いたい

日本で買いものをする良い所は、選べる幅が広いこと。同じ用途のものでも、メーカー、色、デザインなど様々な要素からお気に入りの1点を探し出せるのがショッピングの楽しい所です。最近はネット通販も充実しているので、お買い物の楽しさが倍増です。

カナダだと、選択肢が1つか2つくらいしかないので、「マシな方」を購入することも多いです。使えりゃ何でもいいんですけど、買い物自体に楽しみを見いだせないんですよね…。

カナダに住む日本人はみんな共通で一時帰国で買い物することを楽しみにしています!年に5回くらい行ったり来たりできたらいいのにな~。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事