スポンサーリンク

カナダのワーキングホリデーや留学の人気都市は都会のバンクーバーとトロントですが、私はあえて田舎のビクトリアを選びました。中規模~小規模都市が意外と穴場だったりします!

二大留学人気都市バンクーバーとトロント

カナダでワーホリ語学留学を検討している人のほとんどが、住む場所にバンクーバートロントを考えているのではないでしょうか。

どちらも日本からの直行便があり、大都会なので欲しいものは何でもそろう便利な場所です。日本においても知名度が高く、留学エージェントに相談すると、バンクーバーかトロントの2択で進むことがほとんどです。

このように、バンクーバーとトロントはそれぞれ特徴があり、留学エージェントが薦めるだけにとても良い都市です。しかし、私はあえて第三の選択肢「その他(田舎)」をワーホリと語学留学にオススメさせていただきます!

バンクーバー留学・ワーホリの特徴

バンクーバーはカナダのブリティッシュ・コロンビア州(BC州)にある都市。カナダではトロント、モントリオールに続き第3位の大都市。国の西側を代表する大きな街は、日本で言えば大阪のような位置づけです。ワーキングホリデーをする人が最初に思いつくのはここではないでしょうか。

アジア系人口が多く、日系のお店も豊富

アジアから近いバンクーバーは中国人をはじめ日本人や韓国人などアジアの人に大人気の都市。ダウンタウンを歩けば必ず日本語が聞こえてきます。語学留学やワーキングホリデーが初めてという人でも、割とすぐに馴染めるでしょう。中国人が多くまるで香港のようだとカナダ人からは「ホンクーバー」とも呼ばれています。

真冬も寒くないけど雨が多い

カナダといえば極寒のイメージがありますが、バンクーバーは違います。1年を通して過ごしやすく、冬も氷点下に行くかどうか。冬はほぼ毎日雨が降るので別名「レインクーバー」と呼ばれますが、雪に弱く雨に強い日本人にはぴったりの場所です。

スポンサーリンク

トロント留学・ワーホリの特徴

人口270万を超えるトロントはカナダ最大の都市。アジア人が圧倒的多いバンクーバーと違い、世界各国の人が集まる街です。ヨーロッパからの学生や移民が多いのも特徴の一つ。日本で例えると東京に近いです(首都ではありませんが)。

求人が多く、他の大都市にも近い

トロントでワーホリをするメリットの一つは、求人が多いこと。カナダの民間企業本社の多くは最大都市であるトロントに集中しています。人口が多いためレストランやカフェも至る所にあります。ワーホリで仕事を探すのにはもってこいの場所です。

モントリオールやニューヨークなど、他の大都市・観光都市に近いのもメリットの一つ。ワーホリ中にちょっと旅行をしたい人にとって、大きなメリットですね。

トロント、バンクーバー以外のオススメ都市

トロントとバンクーバーという日本人に人気の都市以外にも、ワーホリと語学留学にオススメな都市として下記があります。(カッコ)内は都市の大きさ順位を表しています。(参考:2016年国勢調査)

  • ビクトリア(15位)
  • ハリファックス(13位)
  • カルガリー(4位)
  • エドモントン(6位)
  • オタワ(5位)

第三の都市(田舎)でのワーホリ・語学留学の特徴

上記、オススメ都市の中でもカルガリーやエドモントンの都市部はトロントやバンクーバーとあまり差がありません。オタワは含む地域が広く第5位にランクインしていますが、都市部もあまり発達しておらず田舎な雰囲気です。

小規模都市は日本人が少ない

まず一番のメリットに上がるのが、日本人が少ないということ。せっかくカナダに行くのだから日本人が少ない環境がいいという人に人気です。日本人が少ない田舎を選べばどっぷり英語環境につかることができます。本気で英語を学びたい人にもおすすめです。ただし、日本人が少ないということは日本製品や食品が手に入りにくいということなのでご注意を。

日本と正反対な環境が刺激的

ビクトリアやハリファックスなどの小規模都市はのんびりした雰囲気です。高いビルも少なく、ダウンタンでも空が見渡せるのは小規模都市の特徴ですね。ちょっと歩けばすぐにビーチや草原など自然が多い場所に着くので、日本とは全く違う環境でワーホリを楽しみたい人にオススメです。

人が親切で犯罪率が低い

日本でも同様ですが、田舎に行けば行くほど人が親切です。見知らぬ人でも挨拶や雑談をします。スーパーの袋が破けたら、通行人みんなで拾ってくれるし、歩いていたら車で通りすがるじいさんに「そこまでなら送ってくぞ」と言われることも。銃撃事件など、大きな犯罪が少ないのも良い点の一つです。

不便なだけに日本の素晴らしさを実感

カルガリーなどの上位都市はともかく、田舎都市になると交通がかなり不便です。住む場所によってはバスが30分に1本しかなかったり、土日はバスが走ってなかったりすることも!店舗の品ぞろえも悪く、不便に感じることは多いですが、そのぶん日本の素晴らしさを実感します。

現地の生活に密着できる田舎留学がオススメ

大自然が売りのカナダに行くのですから、個人的には田舎がオススメです。私はビクトリアにしましたが、日本と全く違う環境で「海外来にたーーー!」って感じがしました(笑)。日本で都会慣れしている人ほど田舎都市が気に入るかもしれません。

カナダのワーキングホリデー・語学留学といえば、バンクーバーとトロントの2択になることが多いですが、ぜひ3択目に小規模都市を入れてみてください。


TOEIC250点以下からスタートした私の英語学習。英会話教室・語学留学・ワーホリなど様々な方法を試しながら、1年でなんとかTOEIC900点レベルになりました。ゼロからス...
在学中の留学や企業留学と違い、退職してから行く語学留学やワーキングホリデーは不安がありますよね。しかし海外生活をがっつりエンジョイするなら退職してからの渡航...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事