スポンサーリンク

アルクのTOEIC対策用通信教材を買ってみました。本屋に置いてある問題集とは明らかに違う楽しさがありましたので写真付でレビューします。(※現在は「TOEIC(R)LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース」に変更となっています。)

アルクの通信教材とは

アルクは語学に関する書籍の出版やサービスの提供を行う会社。英語に興味がある人は、問題集やWEB辞書などでお世話になっているのではないでしょうか。今回、『キクタン』など、多くのベストセラーを出しているアルクが提供している通信教材を試してみました。

種類が豊富

アルクが提供する通信サービスは「TOEIC」の他に、TOFLEやリスニング特化のものなど、とにかく種類豊富!各自の弱点に合わせて選べるラインナップは本当に便利ですね~。

今回、日本に長期滞在することになり、英語を忘れないように+暇つぶしを目標に始めました。そのため、どの種類にするかかなり悩みましたが結果が数値として分かるTOEIC講座を選びました。

TOEIC対策用はレベルも豊富

「TOEIC対策用」だけ見ても、レベルの多さに驚きます。今回私が選んだのは最上級レベルの「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」ですが、これ以外に「800点」「700点」「600点」「550点」など目標スコアに応じで細かく設定してあります。

中を少しだけ見て、900点が実践的で楽しそうだったのでこちらにしました。

手書きメモがリアル

【追記】「完全攻略900点コース」に変更

2016年5月にTOEICは新形式へ移行しました。そのため「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」はTOEIC新形式に対応した「TOEIC(R)LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース」へと変更となっています。

「挑戦900点 TOEIC®テスト攻略プログラム」の内容を新形式に完全対応させ、より効果的に学習いただけるようリニューアルしたものです。教材の内容は同講座と一部重複しています。出典:公式ページ

違いについて問い合わせてみたところ、「TOEIC問題を新形式に対応させて一新。演習問題(プロジェクト形式)については旧バージョンと同様の内容」と回答をいただきました。

スポンサーリンク

TOEIC900点を目指すコースの内容

申し込むとすぐに教材が届きました。小さいのにやたら重たい段ボールにぎっしりと本が詰まっています。6か月(24週間)かけて終了するコースですが、教材は一気に届くんですね~。1日の学習時間は1時間を想定しているようです。

教材の内容

メインのテキスト6冊解説6冊それに合わせたCD6枚は、毎月1冊ずつこなしていくスケジュールですね。他にも、問題集や単語帳、単語ドリルとテストなど細々入っています。

コースガイド/テキスト6冊/テキスト対応CD6枚/テスト用CD3枚/解答・和訳集『Supplementary Book』6冊/別冊『アラカルト集』(CD付き)1冊/『チャレンジ英単語752』(CD付き)1冊/『チャレンジ英単語復習ドリル』1冊/プライマリーテスト1回/マンスリーテスト5回/ファイナルテスト1回/特製CDケース/修了証(修了時) 出典:公式ページ

教材一式

プロフェクト方式が特徴

この「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」の一番の特徴と言えるのがこのプロジェクト方式でしょう!普通の問題集と大きく違い、これこそがこの教材の魅力です。

具体的には、上司のスケジュールを管理したり、会議日程を調整したり、顧客の希望に対応する物件を探したり、仕事現場で実際にありえるシチュエーションを疑似体験できるんです。

CDで上司からの電話指示を流し、資料に目を通しながら期待された行動をしていくという感じですね。

面白いのが、上司の声(トーンとか)や、指示の内容、シチュエーションがとてもリアルなこと。

「これやっといて。・・・あ、やっぱりこれはいいや。こっちを先にお願い。」「〇〇さんはXXと言っているけど、そうじゃなくて~」と振り回されます。私は国内でも英語環境のオフィスで働いていましたが、こういう上司や同僚本当にいます(笑)。

文法はナシで実践のみ

英語教材ってどのレベルになっても「文法」の解説が詳しく書いてあるんですが、「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」は文法の演習問題や解説はありません。このレベルになると、文法はある程度理解していることが前提なので、答え本のすみっこに注意点がちょろっと書いてあるくらいです。

他の教材を使う時、答え本のほとんどが文法解説でウンザリすることも多かったので、これは良い!

実際に使ってみた感想

「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」を実際に使ってみた正直な感想を書いていきます。

講座のレベル感

え~と、レベルはかなり高いと思いました。特に模擬テストは難しい…。私はカナダ滞在中にTOEIC900取得したことはありますが、1か月目に受けた付属模擬テストだと745点でした(笑)

実際のTOEICは難しい問題も簡単な問題も混在しているのですが、こちらのテストは難しい問題ばかりだったように感じました。

単語もレベルが高いものがギッシリでさすが高レベル用の教材。内容も実践的なビジネス特化で、これなら既に900点以上を取っている人でも十分楽しめます。

上記でも言及しましたが、基本的にプロジェクト式で文法の演習問題は全くないので、基礎力に自信がない人はひとつ下のレベル「800点」が良いかもしれません。

教材がたくさんあって飽きない

普通の問題集だと同じことの繰り返しでマンネリ化しますが、「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」はプロジェクトが毎回違って面白いし、プロジェクト以外のテキストや単語帳もあるので飽きにくいと思います。

次はどんなワガママに対応するんだろう…と思うと楽しいですよ。(ちょっとイライラしますがw)

テキストは薄い教科書くらいの厚さ

WEBで進捗が確認できる

本屋の教材と通信教材の大きな違いの一つですね。プロジェクトの進捗や毎月のTOEIC模試結果を専用サイトに記録・確認できます。

進捗が分かりやすく、スコアの伸びを実感できますね。

内容がボリューミーで時間が無い人にはつらいかも

1日1時間×24週間で完了するスケジュールのようですが、教材がボリューミーで単語学習やアラカルト教材もすべてこなそうとすると忙しいです。答え合わせや復習もしようと思うとスケジュールを考えないと社会人にとっては辛いかも…。

しかし、申し込み内容によっては延長も可能です。料金も6万円以上と決して安くはないので、遅れてでもすべて終わらせたいですね。

英語を使う業務に限りなく近い

大切なことなので何度も言わせていただきますが、「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」の内容は実際の業務に限りなく近い。海外のオフィスと会議を設定したりメールのやり取りをしたり、外資系企業や海外支社がある企業が実際に行っている事をしている感覚になります。

英語環境で働いている感」が得られる、これまでにない教材だと思います(笑)。

こんな人にオススメ

  • 文法を理解できている
  • 業務(特にオフィスワーク)で英語を使うor 使いたい
  • 普通の問題集がつまらないと感じる
  • TOEICで点は取れるが実践経験が少ない
  • 実践的な学習がしたい
  • 1日1時間以上の学習時間がとれる

講座の総合評価とアドバイス

まず、とにかく称号として「TOEIC900点」をとりたいという人にはオススメしません。

この講座をやりこめばきっと900点は取れるようになると思います。しかし、点を取るだけを目的とするなら、もっとずっと安くて効率の良い教材がたくさんあります。

「昇進や就職でTOEICスコアが必要だから点だけほしい」という人は、この講座を選ぶ必要はなさそうです。楽しく学習はできますが…、正直それだけのために買うには価格が高すぎる…。

「挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム」は、ビジネス場面で、ペーパーではなく実践で英語を使いたい場合に初めて意味を成してくる講座です。

海外で働きたい人、海外支社がある日本企業で働きたい人は検討してみてください^^


TOEIC250点以下からスタートした私の英語学習。英会話教室・語学留学・ワーホリなど様々な方法を試しながら、1年でなんとかTOEIC900点レベルになりました。ゼロからス...
果たして社会人が英会話教室に通うことで、英語が話せるようになれるのか。当時、超初心者だった私が、実際に通った結果を報告します。英会話スクールに通うのはお金の...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事