スポンサーリンク

カナダに来てから、突然妊娠が判明しました。妊娠初期からカナダの病院でお世話になっていますが、日本と違うことが多すぎて驚きの日々です。体験談をもとに、カナダと日本で異なる妊娠生活・医療事情をご紹介します。

カナダ移民は健康保険で検診・出産費用無料

日本では出産関わる検診や入院は健康保険の対象外ですが、カナダでは州の健康保険に加入していれば検診も出産もその後の通院も全て無料です(薬代除く)。

エコーや血液検査はもちろん、入院費も無料。なんと無痛分娩や出生前診断(種類による)も無料です!

ただし、つわりの薬が欲しい場合は100%負担の有料になりますのでご注意ください。

ミッドワイフが手伝う自宅出産が人気

日本では病院での出産が一般的ですが、カナダではミッドワイフと呼ばれる助産師に手伝ってもらう自宅出産も人気です。

カナダでは州の医療保険に加入していれば病院での出産も無料ですが、移民申請中などで医療保険に加入していない人は100%を負担する必要があります。一方、ミッドワイフはカナダ政府が補助をしているため誰でも無料でサービスを受けることができます。

金銭的な利点以外に、出産後すぐに退院しないといけない病院と異なりミッドワイフは産後も自宅まで様子を見に来てくれます。きめ細かいサービスが期待でき、満足度が高いと人気です。

スポンサーリンク

まずはファミリードクターに会おう

総合病院や、産科専門医に会いたくてもいきなりは予約がとれません。まずは、ファミリードクターと呼ばれる主治医に会い、専門機関への紹介してもらう必要があります。場合によっては、出産のときまでファミリードクターに見てもらうことになるかもしれません。

ファミリードクターがいない場合は、ウォークインクリニック(外来専門医院)へ行きます。そこで、妊娠したことを告げ、尿検査で陽性がでたら専門機関を紹介してもらえます。

ウォークインクリニックは待ち時間が長い

カナダではファミリードクター(かかりつけ医)を持っていない患者が医者にかかりたいときは、まずはウォークインクリニックへ行きます。ウォークインクリニックでは予約ができないので、1時間以上待たされることも。

妊娠してもしばらくの間は内診もエコーも無し

私の場合、市販の妊娠検査薬で陽性が出てからすぐにオタワ大学のウォークインクリニックへ行きました。ちなみにオタワ大学を選んだのは産婦人科医が駐在しているのを知っていたからです。

妊娠8週目にようやく産婦人科の専門医と会えたのですが、なんとおしゃべりするだけで終了しました。ベッドに横たわることも、体に触れられることもありませんでした。

血液検査・尿検査は別の場所でする

専門の医療機関で妊婦検診をする場合も、血液検査や尿検査は別の場所で行うことが良くあります。

私が検診で通っていたのはオタワ大学のクリニックでしたが、採血をはじめとする各種検査は別室で専門家によって行われました。 幸い隣のドアでしたが、受付を2回もするのはめんどくさいですね。

エコー(Ultrasound)は別の医療機関でうける

日本では検診の度にエコー(Ultrasoundをするのが一般的で、妊娠期間を通して10回以上あります。一方、カナダでは全体を通して2回~3回が普通です。場所もいつもの検診とは異なる大きな医療機関に行く必要があります。

1回目のエコーは12週頃。初めて存在を実感

私の場合、初めてのエコーは12週目でした。エコーの専門員が計測し、そのデータを担当医に送り後日確認します。それまで悪阻はあるものの、特に赤ちゃんがいる感覚は無かったので実感がゼロでした。初めてモニターで見る我が子はすでにくっきりと赤ちゃんの形になっていて驚きました。

ちなみに写真は有料で1枚2ドルです…。

2回目は20週頃。性別がわかるかも

2回目は、20週目に行きました。1回目同様、診察というより検査・計測です。体や器官を様々な角度から撮影して記録していきます。所要時間はなんと約1時間!

18~20週目になると性別が判明することも。もし判明しない場合は生まれてからのお楽しみにするか、実費でもう一回受けることができるそうです。

とりあえず特に問題が無ければ、これ以降出産までエコーはありません。

エコー1回1時間は長いけど退屈

エコーは1回あたり1時間と長いのですが、日本のように「ここが手だね~。あ、今あくびしたね~。」と赤ちゃんの様子を教えてくれることはなく、ひたすら数値の記録です。エコーをするのは担当医ではないので、気になることを聞いても「担当医に聞いてください」と言われてしまいます…。

モニターを見ても何が何だかよくわからないし暇だったので、お腹出したまま寝てしまいました。

ドクターが出てこない!4週間に1回の妊娠定期検診

妊娠初期から特に問題が無い人は4週間に1回の定期検診となります。

まずは看護師が体重・血圧を測り、いつもの質問と一緒に問診表に記録します。内診はありませんが、心音はお腹に当てるタイプの機械で看護師が見てくれます。生存確認だけはできて安心。

その後、「ドクターに会って聞きたいことはある?」と言われ、ここで「特にないです」と言えば検診は終了…。

看護師がしっかり質問に答えてくれるし、出血や腹痛などの異常も見られなかったので毎回「特にないです」と答えていたら、結局ドクターには初診で自己紹介したっきり、妊娠後期まで会わないままになってしまいました。

カナダでは出産する病院と通院する病院が異なる

日本では、妊娠が発覚すると出産したい病院を選んでそこで初診~出産、産後のケアまで行いますが、カナダでは違います。カナダでは、出産対応が可能なのは総合病院か大学病院しかなく、個人クリニックでは対応していません。

そのため、妊娠発覚後に行く病院では出産までの診察をし、いざ産むときは大きな病院で入院することになります。予約は事前に取っておくものの、陣痛が来てから初めて出産場所に向かうのは不安ですね…。

例えば、カナダの首都オタワには出産対応可能な病院が1つしかないため、自宅出産以外を希望する場合は、出産時だけ総合病院へ行くことになります。

体調に異常がなければ大丈夫という考え方

カナダの妊婦検診は日本と比べてとても簡易的。無料なので必要最低限のことしかしてくれません。

妊娠初期は流産の可能性が高いし不安になるので、何度も検診に行きたいかもしれません。しかし、カナダでは「妊娠初期の流産はほとんどが染色体異常。来てもできることは無い。」と言い切ります。もちろん、出血や激しい痛みなど明らかに異常がある場合はちゃんと見てくれます。

子宮外妊娠についても、事前に検査はありません。症状が出たり医師が認める場合に限り緊急でエコーを行います。

日本との妊婦事情の違いに驚く妊娠生活

最初こそ、カナダの妊婦検診のテキトーさに不安でしたが、後半はむしろ楽でいいかもと思えるようになりました。

日本と比べてしまうと正直不満ばかりでストレスが溜まります。いつでもお気楽なカナダ人のように、深く考えずに受け入れて行くのが良いと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事