LDKは和製英語。海外物件の間取りは寝室とお風呂の数で表記する!

日本では部屋の間取りを説明するとき、ワンルーム、1LDKと説明しますが、海外では全く通じませんよ!今回は、海外物件の間取りについてご紹介します。

前回の記事では、コンドミニアムやアパートメントなど海外(カナダ)物件の種類についてご紹介しました。

コンドミニアムとアパートの違い?プール付・家電付き?カナダ物件の種類
カナダの物件は一軒家のほか、コンドミニアム、アパートメント、ベースメントが主流です。家電付きやプールやサウナの施設つきなど、カナダの物件の種類や特徴をご紹介...

LDK表記は和製英語だった!

日本で物件を探すと、1LDK・2LDKなどLDK表記となっています。L=リビング、D=ダイニング、K=キッチンを表していて、頭の数字は個室の数です。

実はこちら和製英語で、海外では使われていません。

<スポンサーリンク>

北米では1BR・2BRなどBR表記です。BRはベッドルームのことで物件にいくつ個室があるかを表しています。例えば3 bedroom(または3BR)と書かれている場合、リビングキッチンとは別に1部屋あるという意味ですね。

ベッドルームの数で表記する

私が住んでいるカナダでも、物件の間取りはベッドルームの数で表記します。それでは、間取図と合わせてご紹介していきます。

Studio / Bachelor (=ワンルーム)

© 2017 Berkeley Central

日本で言う、ワンルームの部屋です。学生や単身入居者が利用することが多いです。

私が住んでいる地域では、ワンルームと下記(1BR)の価格差が小さく、あえてワンルームを選ぶ人は少ない印象でした。短期間の入居ならよさそうですね!

1BR

© 2017 Berkeley Central

カナダではおそらく一番人気であろう間取です。リビングキッチンバスルームのほかに、寝室が独立しているタイプで、1LDKに相当します。一人暮らし、若いカップルに人気の間取りですね。

賃貸価格は、首都オタワの場合900ドル~1500ドル(9万円~15万円)/月が平均的。トロントやバンクーバーなどの大きな街になると価格は上がります。

2BR

© 2017 Berkeley Central

日本でいう、2LDKの間取りです。パートナーや友達と部屋をシェアする場合、2BR以上がオススメです。一人暮らしでも家族や友達が泊まりに来ても2BRなら困りませんね。価格は安いところでは1200ドル(約12万円)くらいからあります。

このように、表記は寝室が3つだと3BR、4つだと4BR…というように変化していきます。

バズルームが2つ以上ある

カナダの物件サイトを見ると、3bedroom+2 bathroomなど、ベッドルームの数とバスルームの数が書かれている場合も珍しくありません。2 bedroom以上の広さになると、バスルームが2つついている物件も多くなります。3BRや4BRになると、ほぼ必ずバスルームを2つ以上備えています。

カナダでは朝にシャワーを浴びる人が多いので、混雑を避けるためにもバスルームの数は大切だそうです。

「DEN」って何?ベッドルームとの違い

DEN」はもともと「巣、穴、ねぐら、ほら穴」「隠れ家、密室、巣、巣窟」という意味があります。

物件の間取りでは、小さな個室という意味でよく使われています。ベッドルームとの違いはその用途。ベッドルームが寝室や子供部屋であるのと対照的に、Denは書斎や仕事部屋、場合によっては物置など多目的に利用します。そのほかサイズや場所にも違いがあります。

ベッドルーム

  • ベッドが置けるサイズ。少なくとも6畳以上。
  • バスルームやテレビ台が設備されている場合もある。
  • 上のフロアにあり、大きめの窓がある。

DEN

  • デスクが置けるサイズ。ベッドルームより小さい。
  • 書斎やパソコンルームなど趣味の部屋として利用する。
  • 1階や地下に位置しており、窓がないこともある。

<スポンサーリンク>

オープンキッチンの間取りが増えています!

日本と同様、カナダもオープンキッチンの間取りが人気。新築住宅はほとんどがアイランドキッチンですし、古い住宅もリノベーションして、キッチンとリビングを一体化しているところが増えています。

カナダの住宅は古いけど広い

私が住んでいるカナダの住宅は築30年とか40年とか古い建物が多い。そのため、細かいところの汚れとか、痛みとか気になります…。しかし、広さだけは十分すぎるほどある!!

今の私のアパートも築40年の1BRですが、広さは異常にあるので意外と住みやすいです。広さって大切。


コンドミニアムとアパートの違い?プール付・家電付き?カナダ物件の種類
カナダの物件は一軒家のほか、コンドミニアム、アパートメント、ベースメントが主流です。家電付きやプールやサウナの施設つきなど、カナダの物件の種類や特徴をご紹介...

The following two tabs change content below.
TOEIC250点で突然思い立ち海外へ。猛勉強の末、1年間でTOEIC900点とれるようになりました。学生ビザとワーキングホリデーでカナダに3年滞在したのち帰国。ファミリークラス移民。