レギンスの上にスカート不要!北米ではレギンス1枚履きがあたりまえ

日本国内ではタイツやストッキングに限りなく近い「下着」「インナー用途」として認識されている「レギンス」。北米ではレギンスはスキニージーンズのように「ボトムス」の一つとして若い女性に人気です。

北米の若者ファッションで驚いたものナンバーワン

カナダへ到着して最初に驚いたこと。10~20代の若い女性がレギンスの上にスカートをはかずに歩いているんです

レギンスとは、少し厚手で、くるぶしくらいの長さのスパッツ。タイツのように、ぴちっとしていて素足だと寒い冬などに活躍するあいつです。

お尻や股や脚の形がまるわかりの状態で街を歩く女子たち。日本ではちょっと見ることのない光景に、同じ女性なのについ目のやり場に困ったことをよく覚えています。

<スポンサーリンク>

レギンスは服か下着か

日本では下着に属するレギンス

アウターのような素材だけど見た目はタイツなレギンスは、少なくとも日本国内では下着として着用されています。普通は防寒用や、おしゃれ用としてスカートの下にはきますね。素足に抵抗がある女子にとっては必須アイテムです。

たま~にレギンス(スカートなし)のおばちゃんがスーパーにいたりしますが…。

北米では一番流行っているファッション

カナダやアメリカでは(ヨーロッパはよくわかりませんがもしかしたら)、若い女性の多くがレギンス1枚履きで街を歩いています。周りを見渡すと、デニムやスカート以上にレギンスが多いことが分かります。

カナダ・アメリカではこのファッションが当たりまえで、若い女性に人気のファッションブランドのお店では必ず数種類のレギンスを取り扱っています。私も流行に便乗して何着か購入しましたが、欧米人はとても足長なので、日本人体系の私には長すぎました…。

レギンス着用の乗客が登場拒否された一件

米ユナイテッド航空が、レギンスをはいていることを理由に少女2人の搭乗を拒否する出来事があった。…(中略)…搭乗口の女性職員が少女らに対し、レギンスを着替えるかレギンスを覆う服を着なければ搭乗を拒否すると伝えた。出典:AFPニュース

このニュースを目にしたとき、「ほう、アメリカでもレギンスは下着だったのか…。」と一瞬思ったけど、そうじゃないらしい。

どうやら搭乗拒否された乗客はユナイテッド航空の従業員・家族割引を利用して無料か激安での利用客でした。その規定に「カジュアルな服装は禁止」というものがあるらしく、レギンスはカジュアルと判断されたんですね~。そして、「レギンス=カジュアル」と判断したユナイテッド航空にSNS上で避難殺到なんだとか。やはりアメリカ国民の間ではレギンスは下着ではなく服のようです。

なお、同社は「一般の乗客はレギンスやヨガ用のズボンをはいていても搭乗は拒否されない」と発表しています。

<スポンサーリンク>

レギンスが人気の理由

日本では下着カテゴリーのレギンスが、なぜ北米ではそんなに人気なのでしょうか。

カナダやアメリカでは、「かわいい=子供っぽい」ととられることも多く、人気があるのはセクシーな大人っぽいファッションです。お尻や脚の形がハッキリわかるレギンス1枚は、女性らしくセクシーな体型を見せつけるに一番良いらしい。スカートやデニムに比べて動きやすいというメリットもあります。

カナダでは私もレギンススタイル

カナダに3年も住むと、最初は驚いていたレギンス1枚履きにも見慣れてくる。それどころか、そのらくちんファッションを自分も始めてしまいました。

数あるレギンスの中でも1番人気といえるのが、カナダ・バンクーバー発のヨガブランド「ルルレモン」のヨガパンツ。ヨガパンツなので1枚で履く前提ではあるけども、見た目はぴっちりレギンスです。このルルレモンのヨガパンツ、1着1万5000円くらいするのです…レギンスなのに高い!それでもカナダに住んでいるときは、何故かものすごく可愛く見えてしまい、購入。帰国まで履きつぶしました。

日本のスポーツジムでもヨガパンツを着用

駅前のスポーツジムに通おうと、運動用の服を探すとルルレモンのヨガパンツしかありませんでした。「日本で履いている人を見たことないけど、まぁいいか。」と軽い気持ちでスポーツジムではヨガパンツで過ごすことにしました。しかし、ジムに行ってみると周りの女性はレギンスの上に必ず短いスカートか、ショートパンツを履いている…。尻の形まるだしなのは自分だけではないか。

恥ずかしくなってきて少し迷ったものの、尻を鍛えるモチベーション維持になるかもしれないと、ヨガパンツでトレーニングを続行しました。そんなモチベーションは当然、私の飽き性にはかなわず、すぐにジム自体に行かなくなりました(笑)。

レギンス1枚履きはスポーツ時ならアリだと思う

レギンスにはファッション用とスポーツ用の2種類があります。

ファッション用で安価で薄めの生地のものは、平面裁断でたたむとコンパクト。可愛いデザインのものもありますが、こちらは1枚履きするのにはやはり不安が残ります。ひっかけたり、しゃがんだりした瞬間に股の部分がバチッといきそうです…。せめて長めのトップスが必要だと思います。

スポーツ用のレギンスは、生地もしっかりしているし、立体裁断なので激しい運動をしても破れる心配はなさそう。水着とかレオタードとか、スポーツ着の中にはかなりピチッとしたものもあるので、それらの仲間だと思えば着ていても変じゃないはず。日本のスポーツジムではあまり見かけませんが、「なにあれ、変なの。」という目で見ないであげてください!

<スポンサーリンク>

脚が長いからレギンスが似合う

日本では、なかなか見ることができない「レギンス1枚履きの若者」。カナダ人は日本人に比べて太っている人が多いけど、脚の長さも全然違います。そりゃ背が高くて脚が長ければレギンスも抵抗なく履けるわ…。スタイルが良ければ何でも似合うんですよね~。いいな。

海外留学や旅行に行ったら、レギンス1枚履きの光景をお楽しみください。


白ご飯にかける!?海外の日本食レストランにある謎のソースがうまい
カナダの日本食レストラン(ジャパレス)でご飯を注文すると必ず出てくる秘密のソース。白いご飯にかけるという斬新な食べ方が人気、絶品ソースの作り方をご紹介します...
この品質で!?外国人が驚く日本で買うと衝撃的に安いもの4つ
日本は物価が高いイメージですが、実際には日本の方が安いものがたくさんあります。外国人が驚くほど安いものを4つご紹介します。日本は安くて高品質なものが多い海外...

The following two tabs change content below.
TOEIC250点で突然思い立ち海外へ。猛勉強の末、1年間でTOEIC900点とれるようになりました。学生ビザとワーキングホリデーでカナダに3年滞在したのち帰国。ファミリークラス移民。