スポンサーリンク

カナダ人との結婚式。カナダとオーストラリアから家族・友人を招いて日本で挙式・披露宴をしました。海外っぽさを取り入れたオリジナルの婚礼料理をご紹介します。これから国際結婚をする人のご参考に!

国際結婚ならではの海外風結婚式

前回の記事でも紹介しましたが、海外の結婚式に何度か出席したことがあります。日本との違いには大変驚きましたが、そののんびりさと自由さの虜に。

結婚式でゲストにとって一番大切なのはお料理。今回は、海外の結婚式と披露宴をイメージしたオリジナル婚礼料理をご紹介します。

日本でする結婚式に海外っぽさを取り入れる

私も、海外のカジュアルで固くないスタイルの披露宴がしようと思っていました。しかし、海外挙式にすると、自分の家族や友人を多くは呼べない・・・。カナダで挙式をしたところで、カナダは広いのでカナダの友人や親せきも全員は参加できない。

悩んだ末、結婚式・披露宴は日本で行う。でも内容にカナダらしさを取り入れる!ということで準備が始まりました。

スポンサーリンク

海外の婚礼料理ってどんなの?

海外の婚礼料理は日本みたいなコース料理ではなく、ブッフェスタイルが主流みたいです。ゲームをして勝ったテーブルから取りに行くなどの面白い工夫もありました。

ブッフェが人気ですが、中にはコース料理の婚礼料理もありました。しかし、日本みたいにしっかりとしたフルコースではなく、前菜+メイン+デザートくらいのボリュームです。お酒は飲み放題ではなく、自分でバーカウンターに買いに行くタイプも多いです。

日本の披露宴よりも効率的でカジュアルな印象です。

自由度が高くゲストにやさしい結婚式会場

広島でも人気の式場はいくつかあります。ハウスウエディングやガーデンウエディングも素敵だなあ~と思ってはいたのですが、場所がどれも遠い。

海外や県外からのゲストも多いし、交通の便がよく、宿泊施設もある場所。ということで、繁華街から徒歩圏内のホテルに絞られたわけですが、その中でも私たちは「メルパルク広島」に決めました。

メルパルク以外にも、広島では一番と呼ばれるハイクラスホテルもいくつか見学しましたが、中規模ホテルのメルパルクにしました。

メルパルク広島を選んだ理由

通常の披露宴会場では3~4種類ある料金が異なる婚礼料理コースの中から予算に応じて選ぶスタイルが一般的です。しかしメルパルクは料理の内容は直接シェフと打ち合わせ、食材や料理の内容変更に応じでしてもらえます。国際結婚なので色々と融通が利くのは良いことです。

プログラムや進行や催し物もわりと自由がきき、それでいてリーズナブル。何度も行く打ち合わせも、繁華街の中心なので買い物のついでに行けちゃうので楽々です。

国際結婚の婚礼料理はブッフェかコースか

海外の婚礼料理はブッフェのことも多く、立食でわいわい席を移動しながら楽しむカジュアルスタイルは憧れです。

しかし、ここは日本。親せきにはお年寄りもいますし、ゲストの皆様はきっとフルコース料理を期待きて来るでしょう。カナダ人のゲストには日本風の披露宴を楽しんでほしいなと思ったので、和洋折衷のフルコース料理にしました。

歓談の時間にデザートブッフェを取り入れる

コース料理にしたものの、ブッフェのわいわい感をしたい思いは捨てられませんでした。

料理はコースにする代わりに、結構派手なデザートブッフェを取り入れることにしました。ブッフェとコース両方の良い所どりができました。

カナダらしくカスタマイズした婚礼料理

実は夫が一番楽しみにしていた、婚礼料理の打ち合わせ。既存のコースメニューを見ながら、料理長やパティシエ長と直接打ち合わせをします。わがままな我々の要望は下記でした。

コメ農家の祖父が作っているお米でお寿司を作ってほしい

実は私の父の実家はコメ農家。私たちも田植えや稲刈りを手伝ったお米で、おもてなしをしたかったのです。一族も喜んでくれるはず!!

もえこ
このお寿司なんですけど、実家で作ったお米を使って欲しいんですけど難しいですか・・・?

料理長
全く問題ないです。事前に人数分持ち込んでいただければOKです。

 

あっさりクリア!

お品書きにも「新婦祖父母●●様の田んぼでできたお米で作ったお寿司」と入れてもらえました。

カナダ産のサーモンを使ってほしい

もえこ
お刺身が苦手な外国の方も来るので、サーモンのマリネとかにできますか?出来ればカナダ産のサーモンを使って欲しいです!

料理長
マリネとかカルパッチョに変更は問題ないんですが、季節の関係上サーモンはノルウェー産になってしまいますね…。

 

個人で持ち込めれば作ることも可能のようでしたが、残念ながらカナダに漁師の親せきはいないので断念しました~。

ケベック料理プーティーンをコースに入れてほしい

プーティーンといえば、カナダを代表するソウルフード。カナダ人の夫が日本のゲストに唯一のカナダ料理(?)を振舞いたいと息巻いていました。

プティーンとは:カナダ東部のケベック州で生まれ。フライドポテトにグレイビーソースとカードチーズをかけたもので、カナダ発祥の唯一のローカルフードと言われている。要するにただのジャンクフード。

もえこ
プーティーンをコースに入れたいんですけど、ジャンクフードはホテルの婚礼料理としてはNGですかね・・・?

料理長
いえ!作れるものなら何でもお作りしますよ!フライドポテトと…グレイビーソースは大丈夫です。チーズカーズは…ちょっと聞いたことないですね。入手可能か調べてみますのでお時間ください。

 

その後、ホテルの人がいろいろ調べてくれて、広島の山奥の牧場で似たようなチーズを作っているとの情報はあったのですが、とにかく入手が難しいとのこと…。泣く泣く断念するしかありませんでした。

カナダ産メープルシロップをデザートとケーキに入れたい

カナダらしいといえばメープルシロップ。カナダ人との国際結婚でこれは絶対に欠かせません!

もえこ
デザートブッフェにカナダのメープルシロップを使ったお菓子を取り入れたいです!ウエディングケーキにもメープルシロップ盛り盛りでお願いできますか?

パティシエ
いいですね!ただ、メープルシロップは日本国内では高級品なんです…。申し訳ないのですが、同じ料金でお作りするのは厳しそうです。40人分なので、料金UPもかなりの金額になるかと…。

もえこ
そうですか…。あ、出席予定のカナダの友人にメープル農家の娘がいるんです。お願いしたら分けてくれると思うので、持ち込みだったら追加料金なしで可能ですか?

パティシエ
すごいですね!事前に持ち込んで頂ければ全く問題ないです!

 

メープル農家の友人に聞くと、二つ返事でOK頂き、すぐに大量のメープルシロップが送られてきたので、余った分はデザートブッフェのディップ用に置きました^^♪

細かい食材変更に応じてもらう

上記でご紹介したもの以外に、クルマエビ→オマールエビ、牛フィレ→広島牛など、細かい変更にも応じてもらえました。料金もオマケしてもらい、基本コースに入っていない料理を入れたり、高級食材に変更したりしたのに@15000円でかなりお得。

ちなみにウエディングケーキはパティシエさんと話し合い、ロールケーキのタワーにしました。メープルシロップ入りです♪

後から親せきや友人に聞いたのですが、料理の評判がとてもよかったようで安心しました。メルパルク広島は、婚礼料理の味が良いだけではなく、新郎新婦の希望に最大限寄り添ってくれます^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事